ジャイロモノレールに挑戦された方から2016年08月06日 08:42

 ジャイロモノレールの試作を行って成功されたY氏からメールをいただきました。

写真でご紹介します。A&Bレポートや「鉄道模型趣味」の記事を参考にされて、

コンピュータシミュレーションも行われた理論派です。工作は初心者とのことで、

今回のために、ドリルやノコギリやヤスリを購入されたそうです(ボール盤はなし)。

ジャイロの振動を取るため、モータで回しながら削る作業に時間を要したとか。

 サーボモータを用いたバランシング制御で成功された方は、日本では小池氏だけ

だったと思います(イギリスにもう一人います)。

 写真のように、サーボは輪ゴムとプーリィで伝動。ここが弱いように思いましたが、

滑ることでモータに負担がかからない良い方法かもしれません。もう一つの輪ゴムは、

ジャイロが両側に倒れるように働くスプリング(モータをジャイロ下部にしたのを補う

もの。重心を上げるのと同じ効果)。これも、走行したときの加速度に影響されない利点があります。

 まだ走行装置がなく、その部分の自作には相当時間がかかりそうだ、とのお話でした。

 自立の動画は以下に。

https://www.youtube.com/watch?v=S6i5OGsvo3A


ドイツから2013年11月19日 17:19

 たびたびご紹介しているドイツのGerd氏から写真とCG図が何枚か届きました。
彼のHPはこちらです。英語のページもだいたいあります。
 ずっと作っていた5インチのシェイは1年ほどまえに完成しています。最近作った客車の写真です。
 欠伸軽便でだいぶ昔に写真や動画をアップしましたし、JAMでも展示したことがありますが、Biller BahnというシリーズにGerd氏も熱中しているようです。これは、今で言うOn30になりますが、機関車はゼンマイ(のちに電動も出ています)で、SLもDLもあり、貨車も線路もストラクチャもシリーズ化されていて、有名なEgger Bahnの前身ともいえるシリーズです。
 Gerd氏は、このBiller Bahnで遊んでいる動画をアップしているので、探してみて下さい。それで、このゼンマイの機関車を、そのままのデザインでライブスチームにしようとしているそうで、図面を送ってきたのです。
 オシレーチングエンジンで、ガス焚きのボイラのようです。ポット式か内管式かは、メールで尋ねたところ、両方を視野に入れている、というような返事でした。ボイラ径がわずかに32mmしかなく、スペース的にいずれも難しいところでしょう。
 下の写真は、フレームを作って、組んでいるところのようです。ボイラはこれからだとか。
 そもそも、久し振りに彼とメール交換をしたのは、こちらから、ドイツの機関車の名前についている「BR」って何の意味か?ときいたからでした。皆さん、ご存じだったでしょうか。僕は知りませんでした。