Dogs posing2020年11月23日 06:32

 屋根板を半分取り付けたところ。
 大きな脚立を入れたり出したりしながらの作業です。
 ちなみに、屋根の傾斜は25°で、タンジェントでいうと0.47くらい。補助の材料を用意するたびに、ピタゴラスの定理を使い、平方根を計算します。
 同時に防水のコーキング作業をしつつ進めています。
 記念写真を撮りました。

Railcar and construction2020年11月15日 06:59

 レールカーが運行。落葉掃除をしながらです。
 線路は異状なし。スリップもありません。
 場所によって葉が残っているところがあります。落葉率80%、焼却率70%。
 工事現場。まだ基礎工事に数日かかります。位置決めと高さ調整です。
 落葉掃除は、今月中には終わるでしょう。工事の方は、1月2月中断して、完成は来年の3月の予定。写真は、手伝わずに走り回るだけの人。

Construction was started.2020年11月14日 07:33

 工事現場です。いろいろな道具が自然に集まります。むこうに見えるのは落葉掃除の袋。
 最初の穴を掘りました。30cm四方で深さも30cm。取り除いた地面の苔は、他所へ移植しました。
 途中で手応えがありました。信号機の配線のための埋設パイプです。ぎりぎりでした。
 穴の底に路盤材(砂利)を敷き詰め、叩き固め、そこにコンクリート製の基礎(約25kg)をセット。最終的には周囲にさらにコンクリートを流し込みます。
 掘って出た土は、近くの線路の路盤の補強に使いました(雨で流れて痩せてくるので補充)。
 少し離れたところで見ている人がいました。

Railbus and dog on fallen leaves2020年11月12日 07:29

 霧が晴れつつあります。
 昨日集めた分の落葉をまず燃やします。躰が暖まります。
 その後は晴れてきます。レールバスが運行。
 雪のように葉が舞っているので、もう数日で終わりそう。
 ブロアで綺麗にしても、1時間ほどで、これくらい降りました。

The arrival of winter is near2020年11月10日 07:37

 落葉があっても、運行には支障がありません。多少スリップする程度。
 落葉率は70%ですが、まだ3割の葉が枝に残っています。
 この時期は野鳥が沢山やってきて、朝は賑やかです。
 芝生というのは、冬も緑です。雪の下でも緑なのです。
 落葉掃除に忙しい毎日ですが、明日から(土が凍らないうちに)土木工事も始める予定。

Running around the garden2020年11月09日 06:50

Deki-3 and smoky garden2020年10月31日 07:30

 尾灯ができました。あとは取り付けるだけ。
 前後にある大きな手摺りは、今回も角材で作りました。これは鉄の3mm角。このあと塗装。
 8基あるドラム缶焼却炉のうち5基が稼働しました。まだ余力があります。
 落葉率の30%、焼却率は20%くらいでしょうか。煙が出ているのは、夜の雨で濡れているから。
 電動のトレーラ(正確にはトラクタヘッド)に乗り込んでご満悦。

Hatch and Nonta2020年10月05日 07:34

 ボンネットのハッチの蝶番は、板を0.5mmほどカッタで削って、埋め込む形にしました。まだ接着していません。片側だけ接着し、塗装後に取り付けることになるでしょう。
 軸受けも、完成したので、もう取り付けることができますが、これは破損が心配なので、最後に接着します。軸受けの円形の穴は、ベアリングを入れるためのものですが、前回と同様、これを使わず、メンテナンス性を考えて、取り出せる走行ユニットを考える予定。
 スポットライトが当たる場所に座っている兄弟。
 もう葉が散り始めていますが、これは掃除をしたあとです。
 この人もときどき衣装を変えます。

Door and hatch2020年10月04日 07:28

 ボンネットのハッチを整形。今回は蝶番を使います。このあと、周囲には少し大きめの縁取り板が付き、隙間は見えなくなります。
 ドアも今回は開閉可能とするため、蝶番を使います。塗装後に接着した方が良さそうです。左は、軸受けが完成したところ。
 近くの羊牧場。羊がいなくて残念。
 散歩道は、まだ緑。

Deki-3 and dryer2020年10月03日 07:32

 ハッチにも板を貼りました。まだ周囲を削って調整をするまえ。
 軸受けは、外側のカバーを作りました。三角4枚重ねで1つのパーツに。6つあるのは、余分に作って、良いものを選ぶため。
 キャブのドアは、今回は開くように作る予定です。今は仮置きの状態。
 シャンプー1時間後のドライヤ。まずは兄貴から。
 弟は濡れたまま待っています。
 順番が回ってきました。
 ドライヤが終わったところ。