34号機の発電機で作業2019年10月17日 07:00

 34号機が出動しました。トレーラは連結せず、単機で走行中。
 現場に向かいました。
 焼却炉で、手では折れない枯枝を電動ノコで切断するための電源となります。中央のグレィの機器が電動ノコ。
 このように切断し、短くしてから、ドラム缶に投げ入れます。
 自走して帰っていきました。
 煙が立ち上り、光の筋が見えます。
 葉が黄色くなっている樹が、少しですが、あります。

37号機は京福テキ62019年10月14日 07:00

 航空部の活動のため遠征しておりました。
 37号機が正式に運行となりました。この機関車は京福電燈のテキ6です。
 お披露目の記念写真の撮影会となりましたが、どこに機関車がいるのかわかりません。
 黒いとこのように写真が撮りにくいことがわかりました。
 モデルたちが指示どおりに動いてくれませんので、なおさら構図が決まりません。
 走らせながら、ライトを点けたり、ホーンを鳴らしたりできます(のちほど動画で)。
 そのうち、1人は離脱して、自分の好きなところへ行ってしまいました。
 フリスビィか水やりがしたいようです。

レールカーが平常運行2019年10月12日 06:56

 朝は霧が出て、幻想的な感じに。
 すぐに晴れてきました。最低気温は5℃くらい。
 レールカーが運行。ライトを点けるには、屋根を外さないといけないので面倒です。
 大きいため、遠くからの構図が似合います。
 既に赤く色づいている小さなコキア。
 運転していると、ほとんど前方が見えません。前にカメラを備える手がありますね。
 燃やしものをしているので、光のラインが綺麗でした。

37号機が運行2019年10月10日 07:50

 色が変わったり、もう葉が落ちている樹があります。
 アナベルはすっかりピンクになりました。
 よく見ると、1つの花に3色があります。
 別の場所。採石場線が下を通るアナベルもピンクになりました。
 とはいえ、まだまだ緑ですね。
 37号機で3周ほど走りました。まったく問題ありません。
 停車中も、このようにカメラを構えたまま手許でライトを点けることができます。
 乗らずにフリーで走らせながら、ホーンを鳴らすこともできます。

レールバス運行&ヘリ工場2019年10月09日 07:05

 レールバスが運行しました。クリアな空気です。
 細かい紫の花が咲いていました。
 日差しはとても暖かい。
 このストラクチャの周囲も、少し風景が変わってきましたね。
 一人は、リードにつながれています(草むらに入ると種がつくから)。
 中古のヘリを入手。その整備をしているところ。
 ホバリングさせてみました。
 飛行後です。問題なく、安定した飛行でした。
 分解してから、ボディに収まるかどうかを確かめました。

レールバスが運行+α2019年10月08日 06:40

 秋晴れが続いています。気温だけが少しずつ下がっています。
 草は伸びなくなり、枯れているものも増えてきました。
 レールバスが運行。前のボギィが脱線しにくくなりました。
 別の角度から撮ると、暗く写ります。
 落葉が増えていますが、写真は掃除をしたあとです。
 草原も、もう人や羊がいなくなり、飛行機が飛ばせる季節となりました。 

レールカーと37号機下回り2019年10月07日 06:58

 レールカーが運行。最近、活躍しています。
 製作当時出始めたLEDの懐中電灯を使っているので、ライトがマイルドです。
 前も後ろも3灯。前は3つ白、後ろは白1、赤2。
 イギリスのディーゼルカーの電子ホーンも装備していますが、スイッチは室内です。
 駆動系は、奇しくも37号機と同一。柄が大きいという違いだけ(どちらも電車ですが)。
 37号機は、今は床に置かれています。右が前。バッテリィを外した状態。
 下回りの吹付け塗装をしているところ。
 ヘリのメカニズムをまた購入しました。少し古くて、スタビライザがあります。

ホーンとライトの無線回路2019年10月06日 07:00

 6両編成のまま、今日も何周か走りました。異状なし。
 最後尾の小さなワゴンが、ちょっと新しいのですが、良い感じです。
  37号機の前部の床下に、自動車のクラクションのラッパを取り付けました。日本製の電子ホーンです。その配線をしているところ。
 リモコンのケーブルに空きがないので、手元で操作するためにラジコンのリレー基板を活用しました(800円くらいで買った中国製)。4チャンネルで、ボタンを押すと、4つの3Pリレーが切り替わります。でも、どれかを押すと、既にONのものはOFFになる回路。これでは、ライトを点灯しているとき、ホーンを鳴らしたら、ライトが消えてしまいます。
 そこで、別にもう1つ12Vのリレーを使い、ONを保持するようにしました(その代わり、別のチャンネルでOFFにする)。先日、レールカーで交換して余っていたリレーを活用。
 Aを押してホーンを鳴らしたら、ほかのどれかを押せば鳴り止みます。Cを押すとライト点灯。Dで消灯します。このリモコン(送信機)は、12Vの乾電池で作動(基板に付属していたもの)。
 下回りは、あとは塗装するだけ。完成間近!

朝の風景と朝の運行2019年10月04日 07:44

 朝の散歩は高原へ。
 つい速く歩きすぎ、ときどき振り返って待ちます。
 ペースが違うので、なかなか一緒に歩けません。
 帰ってきたら、水遊びです。
 今日は、4両編成。下回りの工作を始めるので、このあとまた分解となります。
 バックや急加速なども確かめました。下りのエンジンブレーキも利きます。

6両編成で試運転2019年10月03日 06:42

 6両編成の混合列車を走らせました。先頭は37号機です。
 ボディは初お目見え。つや消しの黒だから、貨車のようです。
 こうして横から撮ると、一般の方には、どちらが前かわかりませんね。
 未完成の状態ですが、既に4kmほど走っています。ギアの当たりを出しています。
 特に、下回りのディテールが未完。サイドのドアを開けると、向こう側が見えます。
 トレーラは3両めです。リモコンのケーブルを長くした結果です。
 スケール的には8分の1でしょうか。ヘッドライトやホーンもまだありません。
 パンタグラフではなく、ブリューゲルかポールのような2機が前後にあり、折りたたみ式です。下回りができるのは、数日後になります。