Hexagon2020年11月17日 06:48

 工事と落葉掃除の合間に運行。今日もレールバスです。
 これは少しまえの写真。基礎のコンクリート柱は10本。1つが25kgなので250kg。穴を埋めて周囲を固めるコンクリートや下敷きの砂利の総重量は300kg以上。
 菱形の板は1枚が40kgで3枚で120kg。ここまでの基礎部だけで600kg近くになりました。菱形は、上面以外は黒の防腐塗料を塗ってあります。接合部は、ウレタンコーキングして10cm長のコースレッドで締結。
 この3枚の板の接続には、下に腹這いで潜り込んでインパクトドライバ作業を行いました。3枚を接続したら持ち上げたり、裏返すことができないためです。
 ストックしていたセメントが尽きたので、まだ一部未完(周辺なのでいつでも可)ですが、だいたい基礎工事が終わりました。黄色い棒のようなものは水準器。これが長さ150cmで、半径(六角形の一辺)と同じです。
 

Railbus and concrete construction2020年11月16日 07:31

 レールバスが運行。ヘッドライトを点けています。
 落葉が一面にありますが、ブロアをかければ一瞬で掃き出せます。
 コンクリートを一輪車のパンで練っているところ。今日は合計200kgほど練りました。
 穴にコンクリートを打設したところ。まだ全部ではありません。基礎工事は今日で終了予定。

Railcar and construction2020年11月15日 06:59

 レールカーが運行。落葉掃除をしながらです。
 線路は異状なし。スリップもありません。
 場所によって葉が残っているところがあります。落葉率80%、焼却率70%。
 工事現場。まだ基礎工事に数日かかります。位置決めと高さ調整です。
 落葉掃除は、今月中には終わるでしょう。工事の方は、1月2月中断して、完成は来年の3月の予定。写真は、手伝わずに走り回るだけの人。

Railbus and dog on fallen leaves2020年11月12日 07:29

 霧が晴れつつあります。
 昨日集めた分の落葉をまず燃やします。躰が暖まります。
 その後は晴れてきます。レールバスが運行。
 雪のように葉が舞っているので、もう数日で終わりそう。
 ブロアで綺麗にしても、1時間ほどで、これくらい降りました。

The arrival of winter is near2020年11月10日 07:37

 落葉があっても、運行には支障がありません。多少スリップする程度。
 落葉率は70%ですが、まだ3割の葉が枝に残っています。
 この時期は野鳥が沢山やってきて、朝は賑やかです。
 芝生というのは、冬も緑です。雪の下でも緑なのです。
 落葉掃除に忙しい毎日ですが、明日から(土が凍らないうちに)土木工事も始める予定。

Fallen leaves burning2020年11月09日 07:23

 朝の霧。樹の途中から上が見えません。
 夜の雨を避けるため、前日に集めた落葉はトンネルの中に入れてあります。
 それを燃やしているうちに霧が晴れてきます。ドラム缶につぎつぎ落ち葉を入れないと、すぐに火が消えてしまいます(燃え尽きるから)。3分も持ち場を離れたら、火が消え灰だけになります。
 ブロアをかけたあとの運行ですが、もうこれくらい散っています。
 落葉率は70%くらい。焼却率は60%くらいでしょうか。

Railbus and Railcar2020年11月06日 07:38

 落葉掃除の合間に運行。線路に異状はありません。
 針葉樹が多いこの一帯でも、色づいている樹があります。
 オレンジ色の葉も、もう散るばかりです。
 トラクタは、アーケードの近くに。
 落葉率は50%、焼却率は40%となりました。

Headlight2020年10月29日 07:29

 落葉率は20%ほど。焼却率は10%くらい。
 日差しはあまり届いていませんが、穏やかな秋晴れ。
 落葉掃除に時間をかけるのは、まだこれからです。
 結局、LEDを壁より外まで出して、焦点距離を調整。実物のように遠くを照らすフォーカスにすると、見た目がそれらしくなく、もっと広角にして、光を広げた方が見栄えが良いようです。ヘッドライトは接着をして完成。
 次はボンネット側面のステップ(取手?)。今回はアルミのアングルから削りました。カッタナイフは大きさの比較のためで、これで削ったわけではありません。

Lighting and railcar2020年10月28日 07:28

 まだ半分も稼働していない焼却炉。落葉率も15%ほど。
 朝は冷え込むか、霧になるかのどちらか。夜は小雨が多い。
 風が弱く、航空部のシーズンとなりました。
 ヘッドライトの試験をしています。高輝度LEDを使い、レンズも使って光の広がりを調整中。
 7/8インチスケールのフィギュアがちょうど似合うサイズです。ドアが開けられるので、このような楽しみも。右にあるのは、ヘッドライト。キャブ前面に開いた小さな穴を、LEDの光が通ります(LED自体はキャブの壁の内側に設置)。

Trees have begun to color2020年10月27日 07:27

 ジオラマのようなライティングです。
 オレンジ色や黄色の葉が増えてきました。
 このところ、レールバスの運行が多いのは、枯葉に隠れた枯枝による脱線に、この機関車の前輪が(車重がほとんどかかっていないので)敏感だからです(つまり、脱線しやすいから、センサとして優秀)。
 落葉は、毎日燃やし続けています。
 デキ3には、ドアサイドの手摺りが付きました。