Seats and straps2021年02月27日 06:31

 レールバスが運行。ドライフラワが咲き誇っているようですが、もちろん気温は氷点下。
 都電の内部を組み立て中。床に両サイドの壁を立ててみました。細い手すりなどは、これから塗ります。
 天井をのせて、窓の外から。天井には、LEDを6つ取り付けました。配線はまだ。前後面にも、4つのLEDを取り付けるので、全部で10個になります。
 その天井には、40個のつり革が。

Dried flowers and running equipment2021年02月25日 06:46

 風で飛ばされて半分ほど転がっていきましたが、まだドライフラワが残っています。
 日差しが強く、サングラスが不可欠です。ホィットコムが運行。
 都電の台車は、吊り掛けモータの半分をギアボックスに取り付けてカモフラージュ。ゲージが狭くなったため、実際のギアの部分はカットしました。
 床下に取り付けたところ。既に走行用の配線を済ませたので、明日試験走行ができます。中央右に逆転スイッチ。電池ボックスは右端にあり、単4が2本の3V。プラモデルなので軽量だから、これで大丈夫でしょう。

Picking up firewood2021年02月23日 06:37

 日の出が早くなり、日差しがますます強烈になってきました。
 地面の苔も黄色から緑に変わりそうです。薪を集めて回る列車が運行。
 とはいえ、まだ塗装をするには、少し気温が低すぎます。
 庭園内の隅々までが縄張りのようです。

Gear motor unit2021年02月22日 06:28

 レールカーが運行。枯枝を集めながら走りました。
 日中の気温がプラスになり、日差しで雪が消えていきます。
 都電のプラモデル。床も壁も天井も2重構造で、写真は内側の面を吹付け塗装したところ。プラモデルで、このような2重構造は初めて。
 台車には、タミヤのギアボックスを吊掛けモータのように組み込んで作りました。手前は、プラモの台車の外側部分を仮止めして様子を見ているところ。

Moss carpet2021年02月15日 06:49

 レールカーが運行しました。晴れ渡り、冷え込んだ朝です。
 苔の絨毯が黄色く輝いています。
 今日は日中の気温が1℃になりました。春ですね。
 皆さんの予想のとおり。プラモデルは24分の1スケール。

Underfloor equipment2021年02月12日 06:42

 日射で温まり、雪が解けているところと、残っているところがあります。
 日当たりが良い場所は、既に地面が見えています。
 雪の上部が解けても、下部の雪や土が凍っているので、水が地面には染み込まず、最後は低い位置で薄い氷になります。
 床下機器を組み立てました。中央左のシリンダが、ブレーキを作動させるピストンです。プラモデルは、実物の構造がわかって面白いのです。

Brill bogie2021年02月11日 06:41

 昨夜は雪がなく、朝は冷え込んでいます。
 レールカーが運行。枯枝を拾いながら走りましたが、多くは凍った地面に固着して離れませんでした。
 線路の雪は既に消えています。運行にはまったく支障なし。
 暖かい書斎ではプラモデルを組立て中。左下がブリルのボギー、右が吊り掛けモータ、左上はブレーキとボルスタ。専門用語が続きます。このうち、実際に使うのは一部。

White and Yellow2021年02月07日 06:24

 朝は曇っていて、暖かくなりました。
 霧氷がぱらぱらと落ちてくるので、地面は凸凹です。
 その後晴れてきて、ホィットコムが出動しました。
 レールがどうにか見えるくらいですが、走行に支障はありません。

Whitcom operates normally2021年02月05日 06:26

 まだ、朝は氷点下10℃以下ですが、それでも暖かくはなってきました。
 日射で線路は温められ、除雪の必要はありません。水気がないのでスリップもなし。
 ただ、運転には眩しすぎるのでサングラスが欠かせません。
 最高気温がプラスになると植物たちは嬉しいことでしょう。