一番列車2017年07月22日 10:04

 斜めの面を現物合わせで作っています。両側を斜めに削ってぴったりにします。4面あるので、時間がかかりますね。
 朝の一番列車は、ワーゲンバスでした。全線異状ありません。
 日が零れているところが明るすぎて、写真が難しいのです。
 窓飾りの花が。
 森の中にぽつんぽつんとストラクチャがあります。
 また薔薇が咲きました。
 下の写真には、7匹のカブトムシが写っています。
 こちらの幹にはいません。

車両工場と運行2017年07月21日 13:42

 本日は、AB10&AB20が運行しています。
 土を運び、線路の補修を少しだけしました。一輪車1杯(20kg)程度です。
 昨夜は珍しく雨が降りませんでした。水やりが必要です。
 たぶん、クレマチス。
 ヘッドライトの仮付けをして、前後面を固定しました。
 後部では、コントローラ用のコネクタに、この穴を通して接続します。
 サーフェイサを吹きました。木目止め、毛羽立ち止めのためです。

ヒューズ、ヘッドライトなど2017年07月20日 13:37

 ヘッドライトは、懐中電灯ではなく、自転車用のライトを使うことにしました。
 後部に、リモコン用のコネクタを取り付けました。
 それから、黄色いコードの部分はヒューズです。20Aのものを並列で使用。
 メインスイッチを側面の穴から指が届く位置に固定しました。
 昨夜は雨がなかったので、水やりをしないといけません。
 薔薇がまだ咲いていました。

また試運転2017年07月19日 10:13

 メータやその他の配線がほぼ完了したので、試運転をしました。久し振りです。
 作りかけのボディも被せて、雰囲気を楽しみます。
 コネクタやスイッチなどの取り回しの最終確認も行いました。
 庭園内を一周。問題ありません。途中で助役が乗りました。
 夏真っ盛りなのですが、朝はまだ寒いくらいです。
 枝が伸びて、運転の邪魔になる箇所は剪定をしました。

内部の配線2017年07月18日 11:02

 プリムスを走らせました。ちょっとした線路のメンテナンスのためです。
 芝刈り機と草刈り機の修理もしました。いろいろ維持が大変です。
 33号機は、内部の配線を行いました。バッテリィを載せて、コードの取り回しなどを確認。
 ボディを被せてみて、干渉しないかもチェック。
 後ろの窓から、メータがこう見えます。
 メインのスイッチは、サイドのハッチから操作することにします。

懐中電灯2017年07月17日 12:47

 31号機のペダルカーで運行。快適なサイクリングです。
 このような樹々を見上げながら乗ります。
 そろそろ、落葉が目立つようになりました。もう秋でしょうか。
 この辺りも落葉が多いですね。
 信号機の手前にあるのは芝刈り機です。故障を直して復帰を果たしました。
 懐中電灯を4つ購入し、低い位置のライトに使います。先だけテープで貼って、位置の確認をしているところ。
 斜めの面に取り付けるのは工作が面倒ですが、やはりバランスは良さそうです。

機関車の前面2017年07月16日 14:22

 毎日、夜は雨で昼間は晴天です。ワーゲンバスが運行。
 気候が爽やかで、気持ちの良い一周です。
 しかし、そろそろ秋っぽい感じもします。すぐに落葉になりそうです。
 木造トラス橋は、特に問題ありません。排水の役目も果たしています。
 機関車の前面と後面の板を切り出したところです。またモックアップで確認。
 少しだけ近代的な雰囲気にするため、大きな一つ窓になりました。内部のメータがどう見えるかを確認しているところ。

16枚のリブ2017年07月15日 12:50

 梁の補強材を加えました。床に立てて置かれています。
 工作台では、ボール紙からリブを切り出す作業。16枚同じものが必要です。
 少しずつ進めて、全部揃ったところ。
 2枚を貼り合わせ、8つのリブを梁の上に立てて接着します。
 作業が終わったところです。
 クレマチスだと思います。穴があいている仕様というわけではないはず。
 近くにある別の花には穴がありません。

モックアップ2017年07月14日 13:32

 朝はまだ雨が残っていましたが、晴れました。水やり不要で、いきなり運行。
 涼しい風で緑がそよぎます。
昨夜は、33号機のモックアップを作って、ボリュームを確認しました。窓から見えるメータの位置(および明るさ)を確認したり、内部のスイッチやコネクタのアクセスを確かめました。
 前面の下の部分は、排障器(スノープロウ)との干渉をチェックし、上の写真よりも短くしました。
 ヘッドライトの位置は仮です。懐中電灯を買ってきてから考えましょう。
 アルミの板にドリルで沢山穴を開け、それをつないで大きな穴にしてから、ヤスリで削っています。
 それができたので黒く塗装し、電圧計と電流計を取り付けました。後方の窓からこれが見えるようにします。

いよいよ立体に2017年07月13日 12:36

 ワーゲンバスが運行。上り坂での発進は、ときどきスリップします。
 深い谷を見ながらのスリリングな運転。
 このトラス橋は、最も安全な橋です。
 鉢植えの薔薇。
 側面は、ボール紙とベニヤ板を貼り合わせたもの。丸い窓は内側にはアクリルを貼り、外側にはステンレスリングを貼ります。角材を端に接着しているところ。
 両サイドをつなぐ梁を接着して、立体になりました。グレィに見える部分はパテです。
 気が早いですが、パンタグラフをのせてみました。