車両工場&ターンテーブル周辺2018年06月29日 10:39

 AD67が運行。これがガレージから出ると、中が広く使えるからです。
 気温は20℃以上あって、爽やかで気持ちの良い天候です。
 ターンテーブルの周りで、線路を並べています。
 進入線のほかに、5線を設置します。これから、線路の切断作業を行います。
 工作室の床には、ガラクタ箱から見つけたパーツ。34号機に使えそうなものを選びました。
 ボール盤は、クリアランスが約50cmです。台車の穴あけをしているところ。モータや、チェーンが見えています。ブレーキを取り付ける予定。
 ピンクの薔薇。大きい1輪は切られました。
 小さい白い薔薇。

入手品いろいろ2018年06月15日 13:35

 今朝は、ワーゲンバスでパトロールしました。パトロールする視察車をスピーダと呼びます。
 モデルニクスから届いた機関車の動力シャーシ。初めて購入した100V仕様のもの。2軸駆動です。
 こちらはモータコントローラ。これも100V仕様(当然、こちらでは売っているところがありません)。発電機がHONDAのものだから、それに使います。
 こちらは別の目的で購入したモータコントローラ。安くなりましたね。
 圧力計とセラミックスバーナ。この2つで、上の基板2つの5倍以上の値段。
 ラジコンの受信機は700円くらいでした。それで喜んでいたら、プロポが送受信機で800円くらいで売られているのを見つけました。信じられません。まだ届いていませんが、来たら試してみましょう。ビジィボディのフィギュアは日に日に増えています。このフィギュアは、すべて中古品ですが、それでも1人数千円。
 ジャイロモノレールの本(幻冬舎新書9月刊予定)のゲラを読んでいるところです。写真は、7号機です。
 書斎の床に機関車が溜まってきました。まだ走らせていないものばかり。庭仕事で忙しく、なかなか時間が取れません。

ガーレージの活動2018年05月09日 12:19

 午前中に、AD67が運行。平常どおり。
 製作中の無蓋車。内側にクリーム色を塗りました。
 フライス盤を使った小工作をしました。ライブの部品です。
 ジェットエンジン機関車。騒音のため、出番があまりありません。
 ジャックは机の下に。
 こちらは、ジュディスM。
 3.5インチのライブスチーム。手前はマレー、億はクラウス。
 懐かしい車両が並んでいます。上段は、ラジコン飛行機のエンジン。
 飛行機の36号機。機関車よりも在籍数が多いということです。

平常運行2018年05月02日 11:51

 午前中にAD67が運行しました。いつもの7両編成。
 バックの森林に葉が出始めています。
 まだ頭上に葉がないので、日当りが良く暖かいのです。
 貨車は車輪を取り付けました。ホィールベースは26cm。カップラの既製品を取り付けようとしてます。
 これは、マン島のブレーキヴァン。アキュクラフトの新製品。
 工作室の前で、フィギュアにつや消しクリアを吹き付けたところ(中古で買ったものが、つやありだったため)。
 ホビィルームに、マン島のレールバスが飾られています(左上)。16mmスケールとOスケール(16mmゲージ)です。

ガレージの整理2018年04月07日 09:46

 今日は、これから出かけるため運休です。
 苔が伸びてきました。枕木がほとんど見えません。スポンジ道床みたいです。
 ガレージの整理をしている途中です。ジェットエンジン機関車の30号機、右に少し見えているのはボールドウィン。
 こちらは小さい機関車群の一部。テーブルの下に5インチの蒸気機関車が3台います。
 除雪車は線路から下りて、またタイヤを付けました。今年の出動はもうないでしょう。
 隣にいるのは、レールトラックです。そういえば、ヘッドライトの配線がまだでしたか。
 ピンクシェイと、AB20&AB10。踏切の警報機も見えます。
 右から、レディマドキャップ、ポピンジャイ、コッペル。
 黄色い飛行機は1/4スケールのタイガーモス。
 ピンクの先尾翼機などの小型機。Gスケールのシグナルハウスも。

工事開始&エトセトラ2018年03月16日 12:23

 今日は、ホィットコムが運行しました。
 もうほとんど雪はありません。日陰だけです。
 南だれの場所は土が凍っていないようなので、少し掘ってみました。
 砂利が敷いてある場所のため掘りにくいのですが、丸く穴を開けることができました。もう何の工事がわかったと思います。本格的には4月になってからの予定。
 中古で買った16mmスケールの無蓋車。荷物が良い感じ。
 こちらは、防弾が並んでいます。兵隊のフィギュアが沢山いるので、もってこいです。
 これも中古で購入したガス焚きのボイラ。でも、見たところ新品でした。
 秋に発行予定の新書『ジャイロモノレール』のために、図面を描く練習をしています。

A&Bレポート最新版をアップ2018年03月14日 16:44

 だいぶ遅れましたが、2017年版のA&Bレポートをアップしました。


雪で運休2018年03月10日 10:02

 朝方1時間ほど雪が舞い、積雪4cmくらいでしょうか。
 気温が2℃もあり暖かいので、午後には解けると思いますが、ひとまず運休としました。
 ミニチュアのストラクチャには、スケール的に程良い積雪といえます。
 山の上の工場です。
 その近くのロープウェイ乗り場。
 ブロアバキュームを分解して修理中。だいたいスイッチが壊れます。左下のマイクロスイッチの部分。
 こちらは、シングルドライバのガスタンクを修理中。ガスライタのパーツです。

購入品とか雑誌とか2018年03月06日 12:02

 5インチゲージの車止めです。同じものが既にヤードで使われていて、これが2つめ。新しいヤードを作るので、そこで使用予定。
 マモッドのステーショナリィエンジン。2気筒です。中古品です。たぶん、機関車になるでしょう。
 灯台のミニチュア。電池でライトが点いて回転します。屋外用なので庭園鉄道にうってつけ。隣に置いてあるのはテレビではなく、真空管ラジオです(60年くらいまえのシャープ製品)。
 16mmスケール協会の雑誌で、40周年の歴史を振り返る特別号(表紙が白黒なのはこのため)。
 最近、7.25インチゲージ協会の雑誌もコンプリートしました。日本にはないゲージですが、ヨーロッパでは共通規格。
 近頃けっこうメジャになったReview誌。表紙に貨車の写真というのは、日本の鉄道模型雑誌ではありえない発想かと。
 こちらも購読しているナローの実車の雑誌。写真が素晴らしい。模型も少しだけあります。
 絶版になっていますが、A.W.NUTS!誌。ほとんどコンプリートしました。変な機関車だけの超マイナ誌。
 これはフランスとベルギィで出ているナローの模型雑誌で、諸星氏の見開きアップが載っていました。

ギアードロコ走行試験2018年01月29日 11:37

 ギアードロコの走行試験を行いました。昨夜、工作室内でガスを燃焼して、エンジンを回す試験はしました。ただ、外は氷点下です。
 やはり、燃焼が弱いのか、ボイラ効率が悪いのか、力が出ません。ガスタンクが冷えて、パワーが出ないことが原因です。
 風除け内部を確かめました。焦げていますが、大丈夫のようです。
 ボイラ上部にもカバーを付けてみました。アルミを曲げて被せただけの仮のもの。
 材料が足りなかったので、前だけ黒くなっています。
 多少は良くなった感じですが、まだ合格とはいえません。シリンダの引き側で漏れているのも確認できました。
 お昼頃には、気温が久し振りに0℃になりました。暖かい日差しです。
 少し暖かいだけで、苔が色づいたように見えます。