Powder snow2021年01月19日 06:59

 青い空が広がっています。こういう日が一番寒いのです。
 高い樹の枝は、霧氷で白くなっています。これがお昼頃に雪のように降り注ぎます。
 一昨日の夜の粉雪が、まだ残っています。水気がないので、さらさらです。
 凍った高い樹と、粉を振りかけられたドライフラワ。
 線路のレールだけが、日射でくっきりと見えてきます。

White ground and four bears2021年01月16日 06:51

 遠くの山々は、実はこちらより低いのです。
 線路が隠れるような雪ではありません。雪が降るのは暖かい証拠。
 ドライフラワは今もそのまま。ときどき地面に転がっているものも。
 みんな白熊に見えますが、白熊は1匹だけです。

Cold and warm2021年01月13日 06:55

 朝日で森がオレンジ色に輝いています。
 晴れた朝ほど、寒いのですが、風がなければ、さほどでもありません。
 線路には異状なし。冬は土が凍るので、線路が沈んで傾くこともありません。
 室内はぽかぽかです。温度差は30℃くらいでしょうか。ガラスもサッシュも断熱なので、結露は皆無。今日はまたドライブに出かけましょう。

The coldest week of the year2021年01月12日 06:39

 これは朝、樹の高いところにだけ日が当たっている様子。
 1年で最も寒いのが今頃です。といって、生活に不自由はありません。
 テキ6が運行。この機関車は、貨物室があって、そのドアが開いています(実車ではありえない)。
 ガゼボのすぐ近くの鉄橋を渡っていきます。いつもと反対方向。
 今月発売の『子供の科学』で、デキ3のキットのプレゼント企画があります(僕のところにはまだ雑誌が届いていませんけれど……)。

Timber trestle and sunrise2021年01月11日 06:42

 朝の散歩から帰ってきて、鉄道の見回りをします。
 気温は氷点下13℃くらい。風がないので寒くはありません。
 枯枝が線路上に落ちていないかを確認。落ちてたら、投げてもらうのが楽しみの人がいます。
 昨日は6kmほどの遠足に出かけました。今日も晴天のようです。

Pagora and stove2021年01月06日 06:37

 晴天で冷え込みました。氷点下10℃はごく普通。
 雪なのか霜なのか、よくわからない朝がほとんど。
 少し離れると森が白く見えますが、自分の庭の樹は近すぎてそうは見えません。
 この冬で、薪を焚いたのはまだ1日だけ。床暖房のみで間に合っています。赤い機関車は、蒸気で車輪が回る仕掛けのヤカン。

Bears and helicopters2021年01月05日 06:40

 暖かい書斎からガラス越しに撮影。
 暖かいサンルームからガラス越しに撮影。パゴラも見えます。
 サンルームの一角。大きい顔の熊はたぶん10年振りの撮影。白い熊はコカコーラから(作品を書いた縁で)いただいたもの。
 書斎の隣の部屋の一角。袋に入ったままののんた君やペネロープ。奥のテレビみたいなのは、真空管ラジオ(60年くらいまえのアンティーク)で稼働品。

First sunrise2021年01月02日 06:17

 本当は日の出まえの風景の方がずっと綺麗ですが、写真に撮れません。
 少し曇っていたので、その分少し暖かい朝です。
 昨日の雪はほとんどそのまま。でも、雪の下はグリーンの苔のまま。
 初列車はホィットコムになりました。初フライトや初ドライブも無事に。

Warm snow day2021年01月01日 06:21

 夜に少し雪が舞ったようです。白くなりました。
 最高気温がぎりぎり0℃くらいになるので、日向ならば数日で消えそうです。
 パゴラの屋根も白くなっていました。手前にはドライフラワ。
 デッキ上の雪を見ると、既に日射で一部消えています(ただし、水になったら即蒸発)。水気がないので、歩いても靴が汚れません。
 室内は床暖房で20℃です。ストーブは使っていません。

Dogs and gazebo2020年12月31日 05:41

 毎日走り回る人たち。寒い方が元気なのは確か。
 シェルティは、首周りが白いから、どちらが前かはわかります。
 ガゼボの中は、日中はかなり暖かくなります。風除けとしては良い感じ。
 2020年も終わりですが、今年も何一つ我慢をすることなく自由で、やりたい放題で、楽しく平穏に暮らすことができました。