ゲスト運行&ケーキ2019年12月08日 06:55

 曇っていましたが、風がなく、暖かい日でした(飛行機も飛ばせました)。
 まだ日中が氷点下という日はありません。
 ゲストが4人いらっしゃったので、AD67とテキ6の列車が同時運行しました。
 朝の霜柱で石が浮き上がっている障害がありましたが、軽微でした。
 ゆっくりでも、走ると風が当たって、けっこう冷えるのです。
 そのあと、暖かい部屋でケーキを食べました。

動かない犬の動画2019年12月07日 10:03

航空部の季節2019年12月07日 06:56

 今日は、AD67が運行しました。小さな修理もしました。
 ガレージのシャッタを開けて、乾燥した空気を取り入れています。
 歩ける場所が限られている状況です。
 除雪機の整備もしました。冬支度ですね。
 この時期は、小さい電動の飛行機(固定翼樹)が活躍します。こちらも整備をしました。
 これは回転翼機ですが。

暖かい冬になりそう2019年12月06日 06:59

 朝は霜で真っ白でしたが、だんだん緑が戻ってきます。
 日陰には、白いボールが落ちています。雪が舞ったようです。日向にはありません。
 他所から飛んできた落葉がちらほらとあり、まだときどき掃除が必要。
 今日は、風もあまりなく、航空部にうってつけの日です。
 運行はAD67でした。
 工作室のヘリ。これはテールのギアボックスです。

Jackの動画2019年12月05日 13:37

7/8inch scale Jack2019年12月05日 06:54

 7/8インチスケールのJackです。1フィートを7/8インチにする縮尺で、13.7分の1です。実機は18インチゲージの小さなハンスレットの機関車。この模型は、32mmゲージ(Oゲージの線路と同じ)を走ります。もちろん、客車も同スケール。
 イギリスでは、このスケールが大変人気があります。16mmスケールにするには、小さすぎるナローの機関車を扱うことが簡単になるからです。したがって、本当に小型の機関車だけのためにあるスケールといえます。
 Jackは、欠伸軽便では5インチゲージにも在籍、またこの7/8インチスケールでも、既に2台作りましたので、3台めとなります。最近、オーストラリアのメーカも注文生産で売り出していますが、予約しても2年以上待たないと買えないほどの人気です。
 下回りは、ラウンドハウス製で、上回りが自作。ガス焚きです。水面計もなく、装備は圧力計くらい。
 引いている客車は、IPエンジニアリングのキットを組んだもの。3両作りましたが、1両だけ32mmゲージ、あとは45mmゲージにしたので、同時に3両は走らせられません。
 この機関車は、マニュアル操作。レギュレータがフィギュアに当たるので、速度を変えるごとにフィギュアを動かさないといけません。
 ボギィの無蓋車も一緒に走らせましたが、脱線が多いので、途中で諦めて切り離しました。カップラの問題です。

落葉掃除はほぼ終了2019年12月04日 06:42

 まだ隣の森から飛んできますから、たまに掃除をしないといけませんが、いちおう終了宣言。
 残りは、敷地外の掃除をボランティアで行うことくらい(それも数日で終了予定)。
 あとは、クリスマスに備えて、日々買いものをしましょうか(ネット模型店巡り)。
 来年は、庭園内にヘリポートを作ることを考えています。飛行機も、VTOLのものが出てくることでしょう。
 今製作中のヘリコプタ。大きいです。
 20年ほど使用しているリュータ。
 こちらはホビィルーム。密集してきました。

ハイスラの動画2019年12月03日 11:55

Regner Heislerの初走行2019年12月03日 06:43

 先日ご紹介したハイスラを走らせました。
 大変好調。ギア比のおかげで低速で力もあります。首振りエンジンのハイスラの製品としては、初めてのものではないか、と思います。
 レーザカットの木材が使われている部分が、やや安っぽさを感じさせるので、ここは艶消し塗装くらいした方が良さそう。でも、安っぽさが売りもののシリーズではあります。
 アメリカタイプというか、LGBタイプのカップラを、今回は上下逆さまに差し入れてみました。高さとして、この方が合うような。このカップラがない方が格好は良いと思います。
 引いている4両の貨車も全部Regner製のキットを組んだもの。
 紹介時に書き忘れましたが、水面計の上部に給水圧入口があります。途中で補給可。軽やかな走行でしたが、これはクランクの部分を直したからです。 

運行とヘリ工場と2019年12月02日 06:45

 今日もAD67が運行しました。編成も変わっていません。
 運転士も相変わらずです。ボディの細かい修理がありました。
 芝生はだいぶ色が褪せてきました。朝は凍結していますから、しかたがありません。
 奥にアナベルのドライフラワが見えます。ポーズを取って動かない人。
 よしというまで動きません。これが仕事です。
 昨夜、工作室に大きいヘリが移動。グラスファイバをリュータで削る工程に入りました。
 これが、ヘリの最も大事な部分、ヘッド。下(穴の中)に見えるのがスワッシュプレート。今は外してありますが、ロータは、左右にある黒いネジ1本だけで固定されます。