ジェットエンジン始動2018年07月22日 09:40

 昨日の写真では付いていませんでしたが、AD67にエアホースが付きました。どこかわかりますか?
ここです。連結器(を取り付ける穴)を避けて、少しサイドに寄りました。実物は、連結時にお互いの車両でこのホースをつなぎ合い、ブレーキが連動するようにします。そうすることで、機関車側から、貨車や客車のブレーキがかけられるようにします。7.25インチゲージクラスになると、実際にこの機能を備えた車両も見かけます。長い編成を引くときはこれがないと安全に走れません(日本では、長い編成を引くようなレイアウトがないので問題にならない?)。
 昨日、電子関係の点検が終わったので、今日はジェットエンジンを始動しました。1年振りくらいですか。下の写真のように、ボディは大型トラックのように前傾するようにできています(内部に乗り込むときもこうします)。
 後部のジェットエンジン部。中央の円筒が、灯油のタンク(約3リットル)。中央の箱が、エンジン制御関係の電子機器や、燃料ポンプ、バッテリィなどを格納。右の赤いのがエンジン本体。
 エンジンは熱くなるので、ボディの外に取り付けられています。見えませんが、始動時はセルモータで回転させます。始動はコンピュータによる全自動。昔の模型ジェットエンジンは、プロパンバーナやコンプレッサが必要でしたが、今はなにもいりません。スイッチONでかかります。飛行機の場合、空中でも再始動できます。エンジンの重さは約1kgですが、静止推力が15kgあります。これが4つ背負えばば、鉄人28号のように人間を垂直に持ち上げることができます。アイドリングが5万rpm、フルスロットルが15万rpmです。
 ヘッドライトを点けたところ。下にある蝶番で、ボディが前傾します。エンブレムは、バットマンのもの。
 ローアングルで撮ると、4軸(8車輪)のボギィ車だとわかります。ブレーキは4軸均等に作動。停車時のパーキングブレーキとなるロック機構も装備。
 エンジンは問題なく始動しました。このエンジンの音が聞きたい人は、こちらに動画がありますので、ご覧下さい。

運行、工事、整備2018年07月21日 10:03

 AD67が運行しました。ヤードにはほかに何両か待機中。
 とりあえず1周めはゆっくりと走ります。枯枝が線路上に落ちているので、それらを切りながら走ります。
 この運転のあと、エアホースを接着したので、それがない最後の写真になります。
 あまり変わりはないことでしょう。
 ジェットエンジンの整備のため、30号機も出てきました。
 プラットホームに立てた構造ですが、今朝防腐剤を塗り、茶色くなりました。
 土台が廃材を並べて置いただけなので、いつまでもつかわかりません(このアーケードも同じ廃材で作る予定だったのですが、朽ち果てて使えなかったのです)。簡単に取り外せるようにはしてあります。
 こちらは、カーブの傾きを直している工事。だいたいこれで終了。
 夏限定で特設されたプール。

爽やかな森林鉄道2018年07月20日 10:04

 今朝は、霧もなく、朝から晴れ渡りました。鳥が煩いほど鳴いています。
 レールバスが運行。保線作業も終わり、その確認のために走ります。
 ゲストによると、「木造橋の辺りが一番安定している」との感想。勾配がないこと、左右に地面が傾かないこと、枯葉や枯枝がレール上にのりにくいこと、などが原因です。
 橋のあとの土手も、昨年の秋の工事で安定感を増しました。今年も杭を増し打ちしました。
 おおむね、この新線は完成の域です。
 レールバスは、バッテリィが1機弱っているようですので、ネットで新しいものを取り寄せました。近々取り換える予定。
 この機関車は、モデルニクスの2段減速の動力台車(以前は6号機に使用)を装備しているためか、減速したときのエンジンブレーキがよく効きます。トレーラのブレーキは必要ありません。ゲストには運転がしやすい機関車といえます。
 最後尾のタンク車は、Polly Model Engineeringのものだったかと思います。実際に、液体を入れて運べます(出すときは、ナベトロのようにタンク部をサイドに傾ける)。

レールバス大小運行2018年07月19日 10:55

 レールバスが一番列車で運行しました。草刈りが行き届いている苔の緑。
 今日は風がなく、風車は止まっています。気温は22℃。
 昨日ひっくり返っていたレールバス。走り装置の修理が完了。室内の座席も丁寧に作られています。
 走行試験をしているところ。32mmゲージ。16mmスケールだと思います。やや大柄。
 ライトとかネームプレートとかがありません。工作の途中で売られてしまったのでしょう。
 プロペラカーのジャンク品。ばらばらでしたが、エポキシで破片を接着して復元中。ブラシレスモータが付いています。1番ゲージのサイズです。
 工作室前で、木材を切っているところ。
 それらを運んで、ここで組み立てています。

保線工事&レールバス修理2018年07月18日 09:32

 ターンテーブル付近の本線。ここの勾配が急なので、低い位置を持ち上げる工事を行いました。作って半年ほどの路盤のため、土が締め固まって下がったものと思われます。
 こちらはヤードの線路の傾きを直しているところ。直線が傾く場合、主に雨の影響が考えられます。
 カーブの外側は、遠心力で力がかかり、線路が下がりやすい。それを直しているところ。
 こちらも同じく。土を少し足して、線路の下に入れます。最後は木槌で叩いて締め固めます。
 オークションで買ったレールバスの修理をしています。前部ボギィのボルスタが取れていたので、接着したくらい。
 ラジコンのアンプと受信機が床下に内蔵されていました。バッテリィのスペースもあります。この車両はキットではなく、自作品です。
 こちらは、AD67に取り付ける準備をしているエアホース。

各列車運行2018年07月17日 10:15

 人が乗っている写真は、普段は撮影できません。庭園鉄道らしい風景を。
 芝生が広がって、苔の地面と繋がりました。木漏れ日が落ちています。
 ヤード近辺。ここの上り坂が全線で最も急です。
 芝生が広がる踏切付近。黄色いアーケードが車両限界用。
 この近辺の地面はすべて苔です。線路は少しだけ盛土されています。
 トンネル山の付近。以前は野苺が広がっていましたが、今は苔が大半。
 ターンテーブル付近。ここは砂利敷きで、緑はすべて雑草。
 ゲストハウス近辺。この盛土は、4年まえの工事でした。
 カーブの木造橋。木材が朽ちるまえに土で埋める予定。
 手前にアナベル。奥は針葉樹林。

夏の庭園鉄道(動画)2018年07月16日 15:02

 昨日撮影した動画です。
 最後に、発電機機関車34号機が登場します。

34号機ロールアウト2018年07月16日 08:41

 34号機ですが、電流計の設置を残しているものの、正式運用となりました。
 エンジンは安定しているし、これまでに、5km以上走りましたが、トラブルはありません。
 空気式のホーンと電子クラクションが付きました。
 運転しながら、ヘッドライトを撮影したところ。
 AD67が引いていた貨車4両を後ろに連結して、走らせることに。後ろのトレーラに、ゲストが乗車した状態(つまり運転士と2人乗車)で、勾配を上る試験も合格でした。
 6両編成で走っているところです。エンジンですが、走行はモータなので、運転の操作は普通の電気機関車と変わりはありません。ゲストにも運転してもらえます。
 ブレーキが機関車にある点でも、当鉄道では異色(Kato 7tonがブレーキを装備)。ヘッドライトは、エンジンが回っている間は点きっぱなしです。
 走っていれば、排気の匂いも気にならない、とのことでした。4サイクルなので、2サイクルのような混合ガソリンでない分、排気は臭いません。 

ゲストの運転で運行2018年07月15日 13:19

 ゲストがいらっしゃったので、沢山の列車が運行しました。
 レールバスのバッテリィが寿命らしく、途中でピットイン。
 ワーゲンバスはチェーンが緩んで、その場で修理。
 本格的なシーズン到来ですね。

車両整備工場報告2018年07月14日 09:18

 バーナの芯を新しいものに取り換え、準備万端のサドルタンク。
 こちらも同じく、いつでも走らせられる状態。この機関車は、煙突を少し高くしたら、良い感じになることでしょう。キャブ前のフェンスに窓がないということは、機関士がフェンス越しに前を見ることを示していて、7/8インチスケールだろう、と思われるためです。逆に、煙突はこのままで、フェンスに丸窓をあけるか。
 34号機ですが、手動の空気ピストンで鳴らすクラクションと、電子ホィッスルが付きました。このほかに付けたいものとして、アンペアメータがあります。賑やかな装備になりました。
 工事用ライトは、ワーゲンバスに仮付け。
 機関庫で待機中のレールカー。
 ターンテーブル周辺。見てわかりませんが、柵の向こう側の小径の整備をしました。
 逆方向のヤードの風景。芝の種を蒔いて、地面がすっかり緑になりました。レールバスが、これからパトロールに出かけるところ。
 ターンテーブルからの待機線のエンドに車止めを設置。こういった既製品は、日本では売っていませんね。