レールバス2016年08月27日 13:51

 レールバスもすっかり欠伸軽便の顔となりました。以前は7.25インチの車両だったため、サイズが大きく、迫力があります(本来は、この車両に跨がって運転ができたようです)。
 ディーゼルエンジンの電子音を装備していますが、それを切って静かに走ることがほとんど。鳥の鳴き声などを聞きたいからです。
 ヘッドライトは、今は単なるキッチン用品のスプーンなので、光るように改造したい部分です。

カブース1号2016年08月26日 11:24

 15年まえに製作したカブース1号を連結して走りました。運転しているときに、後部に複数の車両が続くと走行音がとても良くなります(人が乗っている重い車両では少し違う)。重連のモータ音もハミングして、乗っていて気持ちの良い列車です。
 木造橋でも記念撮影。このカブースは、AB10やAB20と同じく、ほとんどボール紙でできていますが、今のところ劣化は見られません。
 オレンジ色の乗用トレーラは、モデルニクス製の台車を使っていて、左右の車輪が差動するので、急カーブでも(スリップ音が鳴らず)非常に滑らかに走ります。座席が低いのも乗り心地の良い要因の一つです。

ジェットエンジン2016年08月25日 10:28

 今年のオープンディでも、30号機ジェットエンジン機関車が走りました。今回は2回も出動しました。
 残念ながら、木造橋は渡っていません。危険だからです。
 

ジャイロモノレール改造2016年08月24日 13:48

 ジャイロモノレール12号機を1年半振りに動かしました。正常に作動しますが、ジャイロがやや不安定です。構造的な問題なので、思い切って改造することにしました。ボディ製作は後回しです。
 まず、モータとロータを結ぶユニバーサルジョイントが強度不足です。真鍮製の安価なものですが、小さすぎました。ここがよく壊れるのです。
 ロータに開いている幾つかの穴は、バランスを取った跡。モーメントのバランスは比較的取れているのですが、ロータと軸の垂直性が若干不安が残り、軸が4mmと細すぎることが原因です。今回、軸を6mmか8mmにして、ベアリングごと交換するつもりです。
 こちらは別件。5インチのライブスチームを製作するためのパーツ。レーザカットされたロッド類。まだまだ製作開始とはいきません。

夏もそろそろ終わり2016年08月23日 12:34

 秋風を感じるこの頃です。庭園鉄道はまだまだシーズンですが、でも、あと1カ月くらいでしょうか。
 線路の工事は一段落したのですが、近々、45mmゲージの工事を行う予定です。既に線路は敷かれていますが、一部の路盤がありません(順番が逆)。
 5インチゲージの方は、今年はこれでやり過ごし、春先に土をまた入れて、路盤の補強を行うつもりです。勾配の緩和なども検討したいところです。
 長らく機関車を作っていません。31号機は、電気機関車を予定していて、少しだけ大型になるかもしれません。
 また、5インチのライブスチームの製作も予定があります。これは、始めても完成はずっとさきでしょう。
 とりあえず、ジャイロモノレール12号機のボディを作りましょうか……。

オープンディ42016年08月22日 14:03

 昨年までのレールカーは、モータが加熱するため、連続運転ができませんでしたが、今年は大活躍です。力強く走るようになりました。無蓋車を引いているので、荷物を乗せてから運転することができます。
 ただ、乗り降りはけっこう大変です。傾斜のある路面では、二人ほど補助員がいないと、乗り降りができません。バッテリィが2機になり、前部に重量がかかるようになったため、脱線しにくくなっています(駆動台車も前部)。
 コンスタントに活躍しているのは、レールバスです。つい先日、チェーンが切れましたが、修復後は快調です。
 ガーデントラックも、ゲストに運転してもらいました。非常に小回りが利くので、狭いところでも楽しめます。
 乗り降りの際には、荷台のフェンスを倒します。レールカーよりは簡単に乗れます。

オープンディ32016年08月21日 18:08

 3日めです。朝から快晴。レールカーが走りました。
 このログハウスは、皆さんの協力によって移動したもの。
 レールカーの動力は今年の改造後タフになり、無事に1日は走ることができました。

オープンディ22016年08月20日 21:06

 引き続きオープンディです。今日は、参加者は20名以上。
 主に、木造橋の通過を皆さんに楽しんでもらいました。
 ランチは、その木造橋を眺めながらのBBQでした。

オープンディ2016年08月19日 20:48

 多数のゲストが来訪。木造橋を渡ってもらいました。
 スリルのある運転を楽しんでいただけたでしょう。
 晴天に恵まれ、気持ちの良い一日でした。

一番列車2016年08月18日 10:45

 毎日、一番列車は、線路上の異物がないか徐行して回ります。一周が500mになりましたので、除去しなければならない枝は、毎日10本以上あります。直径5cm以上の大きな枝が落ちていることもよくあります(夜に雨が降ると特に)。
 レールバスは、ほとんどの重量が後部の駆動台車にかかっているため、前部台車は、ちょっとしたことで脱線しやすく、これが逆に通過検査には適しています。
 赤いカウキャッチャは、障害物を除去するためのもので、実際にもよく働きます。