テキ6で平常運行2019年12月22日 06:49

 テキ6が運行しました。反省せずの編成です。普通に運転していれば脱線はありません。
 昨日の動画について、ゆっくりですね、という反響が多かったみたいです。スケールスピードでは、あんなものかと。
 平坦に見えますが、上りや下りの勾配があり、スピードコントロールが常に必要です。上りは下りの10倍も電気が必要なのです。
 カーブも抵抗があります。牽引する貨車が重い場合、上りとカーブが負担になります。
 電源を切ったときに停車していられるのも、勾配のない場所です。
 燃やしものもしました。最後の落葉かな。このドラム缶は、既に高さが半分ほどになりました。来年は土に還ることでしょう。

テキ6の動画2019年12月21日 13:50

ヘリの新プロジェクト2019年12月21日 06:50

 次に製作するヘリのメカニズムを組み、調整が終わったので、初飛行に挑みました。
 調整は主にジャイロです。写真の上部モータの手前にある小さい箱がジャイロ。手前の箱は受信機。両サイドに青いバッテリィを仮に取り付けました。左の黄色もサーボ用のバッテリィ。コネクタ類は、飛行まえはすべて外れています。
 ヘリが飛行するときは、家の中に入りなさい、と言われます。
 初飛行に成功したので、再び分解して、ボディに収まるかチェックをしました。ぶつかる箇所があれば、ボディを削ります。今回は、ほとんど加工なしでいけそうです。
 テールロータのギアボックスが、後部の先に収まります。ここも、加工があまり必要ない感じです。
 キャビンを取り付けてみました。最近のものは、だいたい磁石でひっつく仕組みです(ロック機構があります)。エキュレーユという機種です。
 工作室へ移動し、本格的な工作が始まります。

ヘリコプタのプロジェクト2019年12月20日 06:48

 ホビィルームのヘリコプタたち(ガレージにも数機あるので、全部ではありません)。
 サイズとしては、700、600、500、450の4種類。手前の赤と白のジェットレンジャ(ベル206)が700、ブルーのベル222と赤のアグスタが600、右手前のヒューズが500、それ以外の小さいのが450です。
 同型のベル206。右の赤がスカイニュース、左の白が消防局で、いずれも6番。
 白い方も後ろは赤いので、見分けがつきにくいかも。ヘッドがまったく違う型なので、飛び方は全然違います(手前はロータブレードを外しています)。
 次は、600サイズのメカを調整中。まだ飛ぶ状態ではありません。ジャイロの設定をしているところ。
 その写真を撮ろうとしたら、邪魔なものが入りました。フクロウでしょうか。
 どうしても、自分が写りたいようです。

AD67が平常運行2019年12月19日 06:45

 風のない日でしたので、運行は1周だけ。航空部が主に活動しました。
 AD67は、チェーンの調整をその後していませんが、異状なく、快調です。
 あまり長い編成も大変ですが、適度に長い方が走行音が良いので、これくらいになります。
 苔の地面は、緑から黄色になりつつありますね。これからしばらくは凍ってしまいます。
 地面が凍ると、線路がコンクリートの上にあるような感じの乗り心地になります。
 この編成の車両はいずれもシャーシが木製。屋根はボール紙かバルサです。寒さには関係がありません。窓の透明板を接着している両面テープが、低温で剥がれることが稀にあるくらい。

レールカーが平常運行2019年12月18日 06:54

レールカーが運行しました。
 冬になると、この木造橋の奥の森が歩けるようになります。
 この谷も、歩いて下りていけるようになります。
 まだ、ときどきブロアで掃除が必要です。
 レールカーはフランスのディーゼルカーをイメージしたデザインです。
 ただ、実機のポロポーションは、もっと細長い。
 森を散歩中。

ベビィノイスの飛行2019年12月17日 09:27

 帽子の庇にカメラを貼り付けて撮影。遠くて、ほとんど見えないと思いますが、2、3度近くを飛びます。これでも、ラジコン飛行機としては速度は極めて遅い機種です。

テキ6で平常運行2019年12月17日 06:51

 テキ6の列車が運行しました。5両編成です。
 2両めのタンク車が、下り勾配で急な減速をしたときに脱線します。両側から挟まれる力によるものです。軽すぎるからでしょう。カップラが長すぎるからかも。
 機関車も軽量すぎるので、小枝を踏んでも大きく揺れます。などと反省しつつ……。
 これは1/8スケールですが、1/6くらいが良かったかもしれません。
 5インチゲージとしては、このスケールが標準的です。新幹線ならば1/12で作りますが。
 そんなことをつらつらと考えながら、運転をしました。

Bell 206初飛行2019年12月16日 06:51

 工作室で、最終確認を行っているベル206ジェットレンジャ。バッテリィは、ドアハッチを開けて入れます。
 今回も、ワイヤカッタが付きました。スタビライザがないので、ヘッドはすっきり。
 いよいよ初飛行です。
 振動もなく、回転を上げて、ホバリングしました。
 風速3〜4mくらいあったので、ときどき暴れましたが、大きいだけあって、どっしりとした飛行でした。
 麓の公園へ散歩にいきました。
 夕方に、テキ6で1周だけ運行しました。