改軌と動力化2019年09月02日 08:09

 気動車の台車の工作です。台車は木製。非動力車輪は、車軸を旋盤で削って45mmゲージに改軌しました。
 動輪となる車輪は、タミヤのギアボックスが3mm径の軸なので、スペーサを作って、ロックタイトで接着。
 タミヤのギアボックスを組み立てます。ウォームを使っていないところが良い、Oゲージにも使える幅も良い製品。モータは3Vです。ギア比は、1:19にしました。
 木製の台車には、ベアリングをはめ込みました。最近100円くらいで買えるようになりました。台車のスプリングはダミィです。
 組み立てたところ。ギアボックスは、ボギィのネジに被さる位置なので、台車を取り付けてから、ギアボックス自体の回転固定の金具を付けます。
 正立はこの状態。あとは、電池とスイッチを床下に取り付けるだけです。

コメント

_ をかへま ― 2019年09月02日 08:44

8月31日の記事の寫眞と見比べながら読んでいます。
まだまだスウィッチの位置とか、先が長そうで、
楽しんで読ませて頂けそうです。

_ ネム ― 2019年09月02日 18:40

ダミィのスプリングも、手作りでしょうか。
こういうところを凝っていくのが楽しいで
しょうね。
やはり「木」は限界があるのですね。
車輪などは、木製でというわけには、いか
ないですよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック