Ground covered with greens and flowers2022年05月24日 05:48

 駅舎前の噴水付近は、地面が緑になりました。でも、背景の森はまだ灰色のまま。
 レンガを並べ直したため新しく見えます。駅長がいつの間にか映り込みました。
 芝生には電動芝刈り機がありますが、刃ではなくサッチ取りのフックに換装しての作業。つまり、芝を刈るのではなく、古くて枯れた葉を掻き集めます。
 花壇がだんだんリッチになってきました。

The dog squinting on the deck2022年05月21日 05:45

 デッキでランチを食べたあとです。助役がじっとしています。
 眩しいので目を細めています。
 デッキの正面にある新しい花壇。樽の中には紫色のチューリップの蕾。
 助役はまだ動きません。芝生で走り回り、誘っている人がいます。

Yellow flowers and white dried flowers2022年05月20日 05:41

 枯枝拾いのレールカーが運行。
 小さな黄色の花が咲いていました。手前の白い花は昨年咲いたアナベルのドライフラワ(大半は剪定されましたが、切り忘れたもの)。
 ガゼボの横の鉄橋を渡ります。秋の落葉掃除のおかげで、苔が広がっています。
 気温は15℃くらいまで上昇しました。もう屋外で吹付け塗装ができます。

Green land in spring2022年05月19日 05:40

 苔がライトグリーンになりました。樹の葉は、まだこれから。日差しが眩しい日が続きます。
 レールカーが毎日運行しています。駅舎前の噴水。右側は芝生。
 駅舎の周囲も花が増えています。でも、まだこれからのものが多数。
 低い位置に限れば、新緑といえるかもしれません。遠くが見えなくなっています。

In the middle of spring2022年05月18日 05:40

 春らしくなってきました。そよ風が気持ちの良い日。空もまだ広く見えています。
 苔が地面を覆っていても、少量の草は生えてきます。まだ草刈りをしていないのは、それほど成長していないから。来週くらいから草刈り作業に忙しくなりそう。
 今は枯枝や枯葉を集めて燃やすワークが中心。線路の保線工事もあともう少し。
 花は日に日に増えています。カラフルなシーズンです。

Garden railway under sunny weather2022年05月16日 05:43

 レールカーが運行。低い枝から小さな葉が出始めています。
 苔は厚さを増し、クッションのようにふわふわです。
 レールカーの左のカフェが、鳥の巣がある場所。そろそろ卵を産むのではないか、と。
 この季節が一番の花盛りといえます。

Blooming tulips2022年05月14日 05:42

 朝もプラスの温度になり、花の蕾が増えています。チューリップの蕾も沢山。
 朝は蕾でも、日中には開いているものもあります。寒いとまた閉じるようです。
 黄色のぎざぎざがあるチューリップ。全部で20輪くらいあちらこちらに。
 赤いチューリップ。紫はムスカリですね。

Red, yellow, and orange2022年05月12日 05:50

 ところどころで花が咲いています。背の高い(というか普通サイズの)チューリップは、昨年植えたばかりのもの。
 日差しが暖かいので、すくすくと成長したのでしょう。
 100輪ほど咲いていると思いますが、庭園内の方々にあるため、疎らです。
 1000輪は咲くはずなのですが、まだこれからでしょうか。

Bird's nest in Cafe house2022年05月07日 05:53

 カフェと呼ばれているキッズハウス(子供が遊ぶためのガーデンハウス)。正面のドアの上、張り出した小屋根の中に、黒い楕円形のパネルがあります。このパネルは、カフェのOpen/Closeを表示するものでしたが、シールは既に剥がれてしまいました。
 その楕円形の上の隙間から、小鳥が出入りしているのを目撃。もしかして、と思い、パネルをそっと開けて(中央を軸にして回転します)、中を覗いてみました。左になにか溜まっています。
 これは苔を集めたもので、鳥の巣です。卵を生んだか、これから産むのかは不明。触らないように、そのままにして引き上げました。その後も鳥は出入りをしてますし、ここへ近づくと、近くの枝にいる雄が鳴いて、警戒している様子。まあ、毎年どこかには巣を作るので、慣れっこになりました。ほかにもあちらこちらにあるはず。
 風車の近辺。苔は緑と茶色の2色です。茶色は、茶色の茎か花を伸ばしているため。胞子を飛ばす時期なのでしょうか。

The forest walker2022年05月04日 05:50

 すぐ隣の森の中を散策中。道はありませんが、どこでも歩けます。
 針葉樹は、人が植えたものでしょう。そろそろ間伐しないといけないのでは、と想像。
 狐がいそうな環境です。ほとんど地面に日が届きません。
 バンダナは、ファッションではなく、涎掛けが目的。ときどきつけています。