Chopping logs into firewood2021年09月21日 06:13

 ホィットコムの運材列車が木造橋を渡ります。
 運んできた丸太を、薪割り機で割ります。この電動チョッパは、4年まえに近所の人からただでもらったものです。今回初めて動かしてみました。とても静かで安全に割ることができます。ただ、とても重い機械なので、遠くまで持ってはいけません(60kgくらいあります)。タイヤがあるので片側を持ち上げ、転がして移動させます。
 丸太を3分割か4分割にすることで薪(たきぎ)となります。この状態で2冬ほど越せば、乾燥して、燃えるときに煙が少なくなるのです。
 全部割りました。今回は細い丸太だったのでこの程度。既にこの50倍くらいの薪のストックがあるので、これらを使うのはだいぶさきです。ちなみに、冬のまえに大木を5本ほど伐採してもらう予定で、また2年後くらいに今回の50倍以上の量の丸太を運んで割り、薪とすることになるでしょう。

Carrying logs2021年09月20日 05:59

 ホィットコムに運材車を連結して出動しました。タンク車も加わり長編成です。運材車は白い方が鋼製のスケールモデル、黒い方は木製で自設計。
 丸太のある現場に停車。ここは勾配がある場所なので、停車しても後退してしまいます。車輪の後ろに枝などを挟んでおきます。
 運材車は、70cmくらいの丸太を積むプロポーションですが、今回はその半分ほどと短いので、無理に載せています。70cmに切ると重くなり、持ち上げるのが大変だからです。
 落とさないように低速で200mほど走行。全部運ぶのに3回周回しました。

Cutting logs2021年09月19日 05:48

 数日、少しずつカットしています。2年まえに倒れた樹で、直径は25cmくらいと細いものですが、電動の高枝チェーンソーでは、ほぼ限界の太さ。ワンバッテリィでは3回か4回しか切れないので数日かかりました。この太さでも、もちろん樹は重くて動かせませんでした。
 輪切りにした丸太。薪ストーブに入る長さにします。このあと、これを薪割り機で裂きます(斧でもできます)。実際に燃やすのは、さらに2年さきになります(乾燥させるため)。このくらいの量は、薪ストーブだと4、5日分でしょうか。森家は、薪ストーブを滅多に使わないので、一冬分かも。ちなみに、既に床暖房がONになっていて、これは灯油が燃料。
 紫陽花は、まだ白いですが、仄かにピンク色になりつつあります。
 落葉の掃除をしていないエリアは3日くらいでこんな感じになります。

Repainting for durability2021年08月29日 05:52

 レールバスが運行しました。落葉や団栗が増えていますが、走行に影響はありません。
 朝顔がまだ毎朝咲いています。数が減りましたけれど。
 陸橋の再塗装が一段落。蔓薔薇を針金で支えて元どおりにしました。塗料は、3リットルほど消費し、値段にすると6000円分くらいです(2度塗りしています)。
 見た目を綺麗にすることが目的ではありません。むしろ朽ちている風合いの方が良いくらい。塗装をするのは、木材の腐り防止のためです。その点では鋼材と同じです。

Green flowers2021年08月16日 06:14

 今日は、2つの列車が運行。それぞれが5周ほど走りました。
 アナベルの花はグリーンに染まって最盛期です。
 線路を隠すほどの勢いです。運行の邪魔になりますが、しばらくは切らずにおきましょう。
 このほかにも、秋の花々が庭園内を賑わせています。

Painting in the garden2021年08月08日 06:00

 芝生は、3日に1回刈ります(芝の密度を増すため)。写真にあるのは、芝刈り機ではなく、吸引機(掃除機)です。
 駅舎に茶色(カフェオレ色)を塗りました。
 主に2面で、その他の2面は、ほとんど白です。
 このベンチも再塗装。製作したのは数年まえで、だいぶ朽ちてきましたが、まだ座れます。

Birdhouse and summer flowers2021年08月06日 05:49

 先日作った新しい(廃材を再利用した)巣箱は、こちらに設置。折れた樹の幹の上です。非常に大きい巣箱で、オーナメントの意味も。鳥が実際に入居するのは来春ですが、秋に場所を探して決めるため、今の時期に設置しておきます。
 トンネルの山も、すっかり緑の苔と草で覆われてきました。手前は木造トラス橋。
 アナベルは、半分くらいが緑に変色しました。真っ白のままのもののあります。
 朝顔が毎日20輪くらい咲きます。午後には萎れて赤くなりますから、翌日咲くのは、また別の花になり、これが毎日だから、のべで何百も咲くことになります。

Painting work of station2021年08月04日 05:48

 駅舎は、程よく朽ちてきてナロー感満点なのですが、今回再塗装をすることに。こちらから見たときに、出窓がシグナルハウスに見えるようなデザインになっています。
 正面は、小さな庇屋根があり、窓には花飾り。太陽光発電のパネルが左にありますが、夜に近づくと赤外線で感知してライトが点灯する仕組み。また、室内には温度と湿度を測定して送信する装置が常時作動していて、母屋でそれを受信しています。
 今日は、屋根のスカイブルーと壁面のクリームを塗りました。壁の下部はレジンのレンガを貼り付けてあって、これは劣化していません(植物に埋もれつつありますが)。
 そのほかの壁面は、木材に防腐塗装されていましたが、ここも適当な色で再塗装をする予定。

Before and after painting2021年08月01日 05:59

 低湿度と高温(といってもせいぜい20℃くらいですが)のこの時期は、ペンキ塗りに適しています。木材が長持ちするように数年に一度は再塗装します。
 これは、道具入れ。スコップや肥料などが入っています。
 こちらは、カフェと呼ばれているキッズハウス。
 屋根だけ塗りました。最近は、マット(艶消し)の塗料が多く出てきましたので、好んで使っています。

Cutting open the window2021年06月30日 05:57

 今年は芝は好調です。雑草も少なく、生長も色も良好。気候が良いせいかと。
 ガスメカニカルの金属工作。壁どうしを真鍮のアングル材で接続する作業をしています。
 ボンネットと屋根の2面がまだこれから。写真は、ボンネットと窓のモックアップ。
 窓を切り開ける作業は、大変な肉体労働で、1日2つだけ。8つあるから、あと3日かかります。翌日に肩が痛くなり、倦怠感が伴います。