Building a big table 22021年10月19日 06:35

 ホィットコムが運行しました。薄曇りなので、暖かい日です。
 14mm厚のベニヤを天板にしました。6枚を貼ります。
 逆から見たところ。ホビィルームの半分近い長さがあります。
 ベニヤの上にコルク模様のシートを貼りました。まだ、この時点で、HOレイアウトは床(右側)にあります。

Building a big table2021年10月18日 06:01

 2X4(38X89mm)の角材をスライド丸ノコで切って、コ型の枠を5組作りました。お昼頃の作業です。材料はすべてガレージにあったストック。
 これをホビィルームに運び込み、床が傷つかないように脚の裏にフェルトを貼りました。
 さらに、梁を外で切ってから搬入。これをインパクトドライバでコースレッドを打ち込み、固定していきます。HOゲージのレイアウトを壊さないように注意しての作業。
 梁を固定して完成。テーブルの大きさは、1200X4260mmで、レイアウトを上にのせるためのもの。こうすれば、下を犬が通ることができます。1人だけの作業なので、片方を仮に支えるためクランプ(下の写真の2つの道具)が必要でした。

HO gauge Railcar2021年10月17日 06:17

 イギリスのDapolというメーカのHOゲージ(OOゲージですが)のレールカーを購入。10年ほどまえでしょうか、16mmスケールでキットを作ったことがある車種。電車ではなく、ディーゼルカーです。イギリスの鉄道車両のほとんどは、ヘッドライトがありません。マーカとして、ランプを鼻先にぶら下げています。
 紫陽花がピンクに変色しました。既に葉が半分ほど落ちています。
 これでもブロアをかけて掃除をしたあと。団栗がいっぱいです。
 夜は雨が降ります。その方が朝は寒くありません。今日は大工仕事をする予定。

Express train in the autumn forest2021年10月16日 06:07

 AD67の混合列車が運行しました。
 森林は、葉が20%ほど落ち、明るくなっています。
 庭園内最大のケヤキの樹の脇を通過。
 駅舎の近くにもケヤキの大木があります。ケヤキの葉はほとんど落ちています。

DRG Class ET 91 Gläserner Zug2021年10月15日 06:07

 メルクリンのET91を中古で購入。これは「ガラス電車」と呼ばれている車両で、普通はクリームと水色ですが、これはクリームと赤の塗装。Gスケールか1番ゲージでも欲しい車両ですが、なかなか(中古品が)見つかりません。
 せっかく車内が丸見えなので、人を乗せました。フィギュアもピンキリですが、これは50人で1000円くらいの製品(高いものは4人で3000円以上)です。
 デジタルなので、停車していても、好きなときに照明が(ヘッドライトや車内等など別々に)点灯させられます。ホィッスルやアナウンスの声も流れます。車内灯は、Nゲージなどでもの凄く明るいものをよく見かけますが、そこまで明るいと外が見えないだろう、と心配されます。明るくなく、適度な照度にするのが難しいので、このような製品を参考にしたいところ。
 運行はホィットコム。線路上に枯枝や落葉など障害物が多いシーズンです。

SBB RAe 4/8 Led Arrow2021年10月14日 06:06

 タイトルがこの電車の名前。フランスやスイスで活躍しました。HOゲージで(中古品を購入して)2両所有しています。手前はフルグレックスという高級スケールメーカ、奥はメルクリンです。長さは同じですが、鼻先の幅が違います。これは、内部の台車の回転角度を稼ぐのが理由で、つまりカーブ対策。
 上からみると、これがメルクリンのデフォルメ(上)。フルグレックスは、おそらくスケール通りでしょう。さらに、台車の回転中心の位置も、メルクリンは5mmほど前方(や後方)に寄せられています。フルグレックスは、半径60cm以上ないと曲がれませんが、メルクリンは36cmを走り抜けます。
 メルクリンの方は、車内にお客さんが乗っています(空いていますが)。ちなみに、フルグレックスはもちろんブラス製。メルクリンはダイキャストで、重量があります。
 フルグレックスの方は、トラクションモータで駆動しているので、ホイルベースを2mm小さいものに交換して、カーブ対策することにしました。部品は取寄せ中。

Sitting on the bench2021年10月13日 06:33

 散歩から帰ってきたところです(ハーネスを付けています)。
 幅広に作られたベンチは特別製。
 畏まっています。
 大きさの比較です。

16mm scale Hunslet2021年10月12日 07:24

Quarry Hunslet 16mm scale2021年10月12日 05:51

 ChilternのGarden Railway Specialistsで購入した、Bowande製の新製品、Quarry Hunsletです。16mmスケール、32mmゲージ、ガス焚きのライブスチーム。早速走らせました。
 非常に小さい機関車なので、これまでは7/8インチスケールでAccucraftが出していましたが、今回は2回りも小さいサイズです。ディテールや装備はAccucraftスタンダード。
 引いている客車の前の方が低く見えますが、これは実物もこのように低く小型。車輪が、室内のベンチの中に入り込むような構造のタイプ(「フェスティニオグ」で検索すると見つかります)。
 大変好調に走りましたので、動画も撮影しました。

That is not a fox.2021年10月11日 06:02

 ホィットコムが運行しました。ルドベキアがまだ咲いています。気温が低いところでは、花は長持ちするようです(1週間ほどまえまで朝顔が咲いていました)。
 乗組員に交代はないようです。タンク車を加えた4両編成。
 別の時間の駅舎付近。太陽が低くなると、こんな感じ。
 遠くへ行っても、常にこちらを見ています。