Riding dog and freight car2021年05月11日 06:02

 AD67が運行しました。写真の右奥で見守るのは……?
 呼んでほしい顔のこの人です。
 乗せてもらえることになりました。姿勢が良いですね。一度乗ると、自分からは絶対に降りません。
 工作室では、新しいプロジェクトが始まりました。アングル材を切り出し、中古で入手した車輪と軸受を取り付けたところ。 

Green ground cover2021年05月10日 05:42

 ホィットコムが運行。風景はあまり変わりませんが、少し色の変化が。
 低い位置の枝に小さな葉が出ています。だんだん見通しが悪くなってくるでしょう。このさき1週間ほどで、風景が激変しそう。
 線路の両側の苔が盛り上がりすぎたので、先日、苔の下の土を搔き出して、通過の邪魔にならないように整備しました。たぶん、これで1年は大丈夫。
 留守番中の駅長。ほかに誰もいないときは、書斎に犬たちが集まります。

Forest walking2021年05月01日 05:56

 毎日2回、合計6kmほどの散歩に出かけます。これでも、車が通る大通りです。
 この人はいくらでも歩き、疲れを知りません。
 新緑が低い樹では出始めました。針葉樹が多いところは、既に木陰です。
 森の中は、風もなく、日差しもなく、真夏でもひんやり、20℃くらいです(今は10℃)。

Kato 7ton and Stationmaster2021年04月25日 05:54

 ガソリンを入れてエンジンをロープを引っ張って始動する機関車です。逆回りで運行。
 ガゼボは、その後はカフェとして何度か利用。
 駅長は、鉄道が運行している間は、どこかで乗せてもらおうと待っています。
 ブラッシングも大好きなので、毎日かけてもらいます。

Driving Goose2021年04月14日 06:20

making a hexagonal table2021年04月12日 06:02

 板を平行四辺形に15枚切って並べたところ。六角形の横幅は約1m。
 これが天板となるテーブルを作製。ガゼボの中に置きました。これでカフェができます。
 ガゼボで記念撮影をしようとしましたが、一人は入口のステップが気になって入りません。
 日向に残って座るので、中に入った人が遠いし暗いのでよく見えない状況に。

Posing in front of the camera2021年04月08日 05:33

 ホィットコムとレールバスが運行。ヤードで入換えです。
 カメラを向けると、勝手にポーズを取る人が。
 この駅舎は、老朽化が激しく、近日中に撤去となります。
 ガゼボの工事は中断していて、進んでいません。暖かい日を待っています。

Spring blue sky2021年04月07日 06:14

 綺麗な青空。晴れていると寒いのですが。
 線路のチェックをしているわけではありません。
 しかし、毎日入念に匂いを確かめている様子。
 何度か走らせた大小のデキ3は、そろそろ飾り棚へ移動します。

Violet and yellow2021年03月30日 06:26

 この人の写真が多いのは、風景を撮ろうとすると、必ず割り込んでくるから。
 枯枝を投げてもらうのと、鳥を追いかけるのが楽しみです。
 マスキングをして、飾りの部分の塗装をしました。
 こうしてみると、ドアのある正面の飾りは少し高いのです。

Painting and service2021年03月28日 06:25

 本日もホィットコムが運行。大きい帽子を被った人が乗っています。
 芝生は、穴あけ(土壌に空気を入れる)作業をする季節です。
 もちろん、1日1面の塗装も進んでいます。
 こちらは、スバル氏が持ってきたテーブルやベンチ。人が使ったペンキとハケをそのまま借用して塗装していました。「お零れ塗り」というのでしょうか。