Doors, lights, plate bending, and regulator2021年07月06日 05:42

 ドアを作りました。上下にはアルミのチャンネル材を使用。これをレールにしてスライドします。ドアにも窓があるので、これから窓を切り抜きます。
 ヘッドライトを付けました。自転車に使う部品でやや大きめ。とりあえず使って、のちのち製作して取り替えることができます。このライトは電池内蔵の製品です(500円ほどでした)。たしか、数年まえにガーデントラックを作ったときにも、またAD67にも同じ製品を使いました。ヘッドライトは、屋根の中央より左へ寄せています。これは光がマフラに当たるためです。
 ボンネットの天板を曲げるための練習。左の白いのはボール紙。次は、中央の小さい板、次に、少し大きめの右の鉄板。このようにして、サイズや曲げるときに挟む添え板の位置などを確認します。左手前が最終的なもの。上にあるのは実物のレールで、叩いて修正するときのアンカとして使用。右にあるのはプラスティックのハンマ。
 機関車とは関係ありませんが、愛車の窓を開けるレギュレータの取っ手が割れて取れてしまったので、エポキシで修理をしました。古い車なので、このようなプラスティック部品は、大事に使っても自然に割れてしまいます。若い人は、自動車の窓が手動で開くことを知らないと思いますが……。

The mock up2021年06月18日 06:03

 今朝も雨上がりでした。レールカーが運行。ログハウスの前に小さな黄色い花が群生して咲いていました。
 ガスメカニカルのボディのサイズ感を掴むため、ボール紙でモックアップを作製。横幅は30cm、長さは50cm、高さは45cmほど。
 こちらは、Oスケールのディーゼル機関車たち。ディテールの参考にしました。中央はカトー(コメントでご指摘がありましたが、勘違いで、正しくはサカイワークスでした)で、右がサカイですね。左は、バックマンの下回りにサードパーティのボディキットを被せたもの。ゲージはどれも16.5mm。前面の窓の形状が見所です。
 日本のOSはライブから撤退したようですが、これはフォルテ(12、3年まえに製作)のサスペンションの改良キットで、つい最近届きました。以前から走行中の揺動が激しいのでなんとかならないものか、と思案していたところですが、やはり問題だったのか、スプリングを固くするパーツ類です。取り付けるのが面倒そうですが、フォルテはボイラがワンタッチで外せる画期的な機構の機関車なので、その点では比較的簡単かも。

Gyro monowheeler2021年06月11日 19:58

Completed water tower2021年06月09日 05:42

 八角錐の屋根を白く塗装して、給水塔が完成。梯子は黒く塗りました。タンクのオレンジ色は、ポリ板を巻いて、両面テープで固定しただけ。
 ガスメカニカルの試運転もしました。ほぼ、これでOKで、あとはボディ製作。たぶん、1カ月かかるでしょう。特に難関はありません。マフラが横を向いているので、ガスで熱して、曲げるくらいでしょう。あとは、ウェイトをどうするか。
 給水塔の位置は、ガレージからすぐのところ。手前に信号機があって、この信号を隠す位置では支障があるため、後ろになりました。右に見えているのは、転轍機の本物。重すぎて大人2人でも運べません。
 タンク部だけ内部の取手で持ち運べます。下部の構造は重いので置いたまま。梯子はまだ仮の位置。いちおうレタリングの3文字を貼りました。 

Makeing octagonal pyramid with isosceles triangles2021年06月08日 05:39

 タイトルが数学用語ですが、ベニヤ板の二等辺三角形を8つ接着。
 裏返して、ボール紙で作ったリングを接着。手前のラダーは、丸棒と角材で製作。左奥のオレンジ色のものは?
 ドライブに出かけました。助手席に乗っている駅長。
 途中で少し休憩中。

Making a muffler2021年05月27日 05:35

 風車の近くのチューリップは、オレンジ色と黄色です。
 こちらは、木の鉢に白と赤(赤と白のまだら)。
 こちらは地植えで赤と黄色と白。
 消音のマフラを製作。劇的に音が穏やかになりました。これは試作品で、もう少し格好の良いものを作り直します。スロットルもワイヤを加工してハンドルを取り付けました。このほか、スプロケットの中ぐりを旋盤でするなど、ちゃくちゃくと進んでいます。

Water supply system and name plate2021年05月18日 06:11

 給水塔の櫓に、防錆塗料を吹き付けたところです。ブレーキディスクは空冷のためのフィンが内部に付いています。
 コッペルは、給水系の修理が行われました。ハンドポンプはピストンを小さくし、水タンクの配管は太いものに交換、また、ボイラのチェックバルブも変更されました。リュブリケータのリンケージも見直されました。いろいろ変更し、これから再びテストです。
 ハンドポンプのレバーが長くなり、使いやすいような形状になりました。
 ネームプレート(エッチング板)を取り付け、ナンバなどのレタリングを貼りました。機関車の名前は、女性名が多いのですが、今回は(ドイツの機関車ですし)男性名に。

Water tower2021年05月17日 05:57

 工作室の外で溶接をしました。青いヘルメットは、液晶フィルタのゴーグルで、光ると瞬時に不透明(サングラスみたい)になるもの。
 アングル材を組んで、櫓(やぐら)を製作。溶接は、ハンダづけより手軽で、あっという間に強度のある構造が完成します。
 ずっと屋外に放置されていたものですが、レーシングカー(ポルシェ)のブレーキディスク。サイズがぴったりだったので、これを上にのせてみました。
 さらにその上にポリタンクをのせます。これは、蒸気機関車に給水するための施設で、給水塔とか、給水タンクと呼ばれるものです。容量は20リットル。高さは約1m。

Suction tube blower2021年05月03日 05:55

 45mm径の真鍮丸棒をバンドソーで切断しているところ。切断には3分くらいかかります。手動で切るより角度が精確です。
 切った真鍮を旋盤にくわえさせ、加工します。この旋盤作業は2時間くらい。
 写真はその途中。このあと、中心に22mmの穴を開けました。
 出来上がったのは、コッペル用のブロアです。ファンはなく、コンプレッサの圧縮空気を送って、パイプ内で上向きに空気を吹き出し、結果として煙室から空気を吸い込む装置です。長年使っていたものが上手く作動しなかったために作り直しました。すると、コンプレッサからのエアホースが劣化し、空気が漏れていたことも判明。さっそくホースを買い直しました。

Ladybird2021年04月27日 06:02

 昨日直したブロアファンの回転速度を調節するコントローラを製作しました。基盤は700円くらい。最近安いですね、電子回路が。コードやスイッチの方が高くつきます。
 上の写真のてんとう虫は、ガーデニングショップでだいぶまえに購入したもの。裏面に取付け金具を自作し、ガゼボに。
 柱にワンポイント。
 午後は、駅長を助手席に乗せてドライブに出かけました。