Railbus and freightcar2021年05月12日 05:59

 レールバスが運行。低い樹が新緑となり、遠くが見えなくなりました。
 庭園内にはチューリップが300株あるのですが、今のところ疎らです。
 貨車のシャーシを仮組みし、本線でカーブやポイントの通過をテスト。全長約60cm、ホィールベースは30cm。車輪がけっこう大きいのですが、以前は動力車に使われていたもののようです。軸受にはスプリングがあります。
 再び分解して、吹付け塗装をしました。

Riding dog and freight car2021年05月11日 06:02

 AD67が運行しました。写真の右奥で見守るのは……?
 呼んでほしい顔のこの人です。
 乗せてもらえることになりました。姿勢が良いですね。一度乗ると、自分からは絶対に降りません。
 工作室では、新しいプロジェクトが始まりました。アングル材を切り出し、中古で入手した車輪と軸受を取り付けたところ。 

Improvement of electrical equipment2021年05月09日 06:01

 朝からシャンプーをしてもらいました。見た目は同じですが、濡れています。
 レールカーのメンテナンス。現場へ工具を持っていき、屋外で作業をします。
 今回は、メインスイッチの取替え。回路を少し変更しました。バッテリィは2基で、手前の白い箱が逆転用のリレーボックスとモータコントローラ。
 運行はホィットコム。チューリップが咲き始めました。庭園内には、スバル氏が、毎年300個以上の球根を埋めている、とおっしゃっています。今年は例年よりも早め。

Reconnecting the chain2021年05月02日 05:58

 いつもの乗組員たちが、集まっています。どうしたのでしょうか。
 レールバスが故障したので、横倒しにするため、車内のバッテリィなどをすべて降ろしたのです。この機関車には、12Vのバッテリィが3基載っていて、それらを降ろすと簡単に横に倒せます。ボディに傷がつかないように毛布を敷いて行います。
 後部の動力台車の片方のチェーンが切れていました。チェーンは、線路上に落ちていて、探してきました。写真の左が動輪。中央がモータです。チェーンが切れるというのは、ジョイントが外れてなくなった、という意味で、金属が切れるわけではありません。もう1軸は、別のモータで動くので、走れなくなったわけではなく、パワーが半減した状況でした。
 ジョイントは、100円くらいのパーツで、常備しているので、たちまち修理完了。グリスアップしてから、線路上に復帰しました。バッテリィをつなぎ直し、動作のチェックをしました。乗組員たちもこのあと、元の配置に戻りました。

Shooting location2021年04月20日 05:55

 夜に雨が降らない日が続き、乾燥しています。水やりを毎日しています。
 低い樹の枝は、そろそろ葉が出てくる頃でしょうか。高い樹はまだ来月。
 子供の科学のために機関車を出して撮影会。これは、非常に珍しい1台です(たぶん、世界に数台で、欠伸軽便にそのうち2台があります)が、何だったか覚えていますか?
 こちらは、おもちゃに近いドイツ製品。でも、上の機関車との共通点があります。

Pleasant sound of diesel engine2021年04月17日 06:07

 7号機のKato 7tonが運行しました。この機関車は、今年で18年めになります。
 なんといっても4サイクルエンジンのサウンドが魅力です。森林に響き渡ります。
 綺麗だったボディも、塗装がひび割れたり汚れたりしてきましたが、それも風合いといえます。
 オレンジ色は、欠伸軽便の特注で、実機は黄色か水色です。でも、見慣れてしまうと、この色がオリジナルのように見えます。

Goose and Railcar2021年04月04日 06:29

 ガゼボは、入口のステップを作っていますが、まだ写真はなし。
 3号機のグースです。何年か振りに出動。
 しかし、バッテリィが不調で、メインラインを1周できそうにありません。
 しかたがないので、レールカーが運行しました。

7/8inch scale Bagnal2021年03月21日 16:24

Monorail2021年03月18日 08:50

Truck and cycle2021年03月11日 06:39

 トラックが出動しました。駅長は荷台に乗って、窓から前を見ています。
 大人の人間(30代)が乗り込んで見せたら、駅長もびっくり。
 日射が強く、地面が膨らんでいます。やや乾燥気味。
 ペダルカーで逆方向へ一周しました。線路の状態は悪くありません。