Garratt driving test2022年09月30日 06:00

 仮組み状態ですが、夕方にガーラットの走行試験を行いました。電池4本の6Vで実施。電圧不足で低速でしたが、前後進とも良好。12Vのバッテリィをボイラの中に入れ、スピード調節できるようにする予定です。
 下の写真が、同型のガーラットで、一般にはタスマニアのK1と呼ばれています。イギリスに戻ってから、この白いカラーリングになったのでしょう(イギリスには無煙炭があるため)。この模型は、アキュクラフト製のライブスチーム。棚にアクリルの蓋がしてあり、写真が不鮮明。
 これは、かなり古いもので、今はなきロコボックス製のライブスチーム。ピストンがオシレーチングです。これも、K1をモデルにしているはず(かなりフリーですが)。手前にある小さいのはOスケールで16.5mmゲージのキット組み。
 こちらは、アキュクラフト製のガーラットでNG16と呼ばれています。だいたい、ガーラットといえば、K1かNG16ですから、双璧といえます。今回の3機は、いずれも動画をアップしていますので探して下さい。さらに、そのほかにも2機ほどガーラットのライブスチームの動画があります。案外沢山持っている機種なのかも。

コメント

_ moon289 ― 2022年09月30日 08:45

博物館のようですね。
制作中のガーラットは何色のボディになるのでしょうか。

_ ネム ― 2022年10月01日 08:34

また仲間が増えて、嬉しいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック