Gooseberries and roses2022年08月01日 05:40

 陸橋や噴水の近くにグースベリィがあります。沢山実が生りました。
 すぐ隣には、蔓薔薇の白い花。こちらは、最盛期を少し過ぎたところ。
 振り返ると芝生。今年の芝生は今までで一番調子が良いみたい。白い点々は木漏れ日。芝生の横の大きな木はアナベルですが、まだ花は出ていません。高さは3m近くあります。このむこうに隠れているのが赤い薔薇。
 咲いている薔薇まで高さ2mほどあるので、脚立に乗って撮影しました。偶然のように通りかかる人がいます。

16mm scale Avonside Heisler2022年08月02日 05:40

 イギリスの模型店で購入したライブスチーム(中古品でしたが、普通の新品新型の2倍ほどの値段)。16mmスケールで32mmゲージ、ガス焚。Avonsideのハイスラとしてわりと有名な機関車。かのピータ・アンガスが製作したことでも有名。この機関車は、それをそのままコピィした製品のようです。
 ハイスラですから、ボイラの下にV型2気筒エンジンを抱えるように配置。ただし、この模型では、斜めに突き出したピストンはダミィで、下部にオシレーチングの2気筒エンジンがあります。前後の台車へは、プロペラシャフトで伝動し、それぞれの台車にサイドロッドがあります。
 キャブ内には圧力計、置換式給油機、レギュレータ、前後切替えバーなどがあり、水面計はありません。ガスタンクはリアのコールバンカに。ギアダウンしているため、速度は遅く、低速が効く(低速でも安定しているの意)のが特徴。
 16mmスケールにしては、やや大柄で、7/8インチスケールでも良さそうな感じがします(客車は16mmスケールなので、少し小さく見えます)。動画ものちほどアップします(動画では下部の構造も撮影)。

Avonside Heisler2022年08月02日 07:30

New shelf in the second engine shed2022年08月03日 05:40

 第2機関庫です。奥行きは9mほど。車両を外に出して、中を掃除しました。掃除機が2台も出動しています。右に赤い雪掻きブルドーザが見えます。その奥に、新しいラックを入れる作業をこれからします。
 ラックの高さは180cm。入口が狭いので、中で組み立てました。左は3号機グースの頭だけ。
 組み上がりました。スペース的にはまだ余裕があるので、同じラックをもう3基並べる予定。とりあえず、電動工具やエンジンや小型機関車などを入れました。一番下に掃除機も。
 転倒防止の木ネジと針金はまた明日(当地は過去に地震がない地域ですが)。工作室から、こちらへものを移動させ、工作室の片づけを促進させる狙いです。まだ、整理整頓キャンペーン中。

Dog and train in the forest2022年08月04日 05:40

 駅長が見ているものは何でしょう? もちろん、枝です。
 生い茂っています。雨が降っても、しばらく水は落ちてきません。
 今日の運行はAD67。線路の中にも苔が生え、レールしか見えなくなりました。ほぼ全線がこの状態です。毎日走ることで、レール上面がかろうじて保持されます。
 芝生の端。左の大きい樹はアナベル。中央は赤い花の薔薇です。花壇の中央に、犬が横切るための道が(枕木を埋めて)作られました。

The cluster of small yellow flowers2022年08月05日 05:40

 木造橋を渡っているレールバス。苔の絨毯に2つの大きな木漏れ日。
 曇っているようですが、ときどき明るくなります。そんな天候。夜は雨でしたが。
 線路のすぐ脇に黄色い小さな花が沢山咲いていました。
 花の直径は1cmくらい、高さは8cmほど。昨年は見かけませんでしたので、初登場(植えたものではありませんが)。

Lurking in the dark forest2022年08月06日 05:40

 昼間ですが、写真を撮ると暗い。そのかわり、とても涼しく、快適な夏です。
 今日運行の列車は右下に少し写っています。消火栓近くの植物が成長していました。
 こちらは、闇に隠れている人。
 白い襟巻きのおかげで、夜でもどこにいるのかわかりますが。

HO gauge large locomotives2022年08月07日 05:40

 もともと、マイナなナロー専門だったのですが、最近の鉄道模型界はナローがメジャになったこともあって、逆にメインラインを始めているわけです。そこで、子供の頃から興味のあった流線形の大型機関車を幾つか(すべて中古品で)入手。写真は、キャブフォワード(運転室が前にある)と呼ばれたアメリカの蒸気機関車。
 全体はこんな感じ。右が前です(普通の蒸気機関車が逆向きになっている)。動輪は8軸で、配置は4-8-8-2。もちろんデジタルでサウンド付き。ちゃんとR55cmのカーブを通過することができます。
 こちらは、ほぼ同じくらいの大きさのペンシルバニアT1。動輪は4軸。4-4-4-4ですね。上の機関車のようにマレータイプの関節駆動装置ではなく、前後の動輪枠は固定で、単にピストンが2組あるという変な形式(実機は発車の際によくスリップしたとか)。これは1番ゲージのライブスチームでも持っていて、お気に入りの機関車(見たい人は動画を探して下さい)。
 下の写真は天賞堂製のEF58で、このウグイス色のカラーリングは「青大将」と呼ばれます。客車も青大将カラー。天賞堂専売のカンタムシステムというデジタルでサウンド付きだから(試してみたくて)購入しました。日本型の電機を買ったのは、生まれて初めてかもしれません(ナロー以外では)。心配しましたが、R55cmをクリア。カンタムのコントローラは持っていないので、普通のDCCとして走らせています。