Painting red line and small parts2022年01月23日 06:30

 細かいパーツの塗装は、このように手で持つための棒にテープでひっつけておいて吹き付けます。この白とグレィはサーフェーサ(下地処理)です。
 これが色を吹き付けたところ。緑色のパーツは運転席のスイッチ類。
 一方、ボディの塗装では、赤いラインを入れます。マスキングに時間がかかりました。
 乾燥後、マスキングを外したところ。窓上の太いラインと、窓下の細いラインが入りました。

コメント

_ moon289 ― 2022年01月23日 11:51

マスキングテープが大活躍ですね。
赤いラインが素敵です。

_ ネム ― 2022年01月23日 18:16

マスキングテープで、滑らかな線を描くのは
とても難しそうですね。
テープを外す時はドキドキなのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック