Digital controllers of HO layout2021年11月20日 06:04

 10年以上まえの旧型ですが、メルクリンのコントローラを中古で入手。右が今まで使っていたモバイルステーション。何が違うかというと、タッチパネルになって操作性が向上。自動運転などのプログラムも可能です。これで、3列車を同時にコントロールできるようになりました。
 モバイルステーションをサブのコントローラとして接続しようとしたところ、違うソケットに差し入れたためピンが1本折れてしまい、しかたなく、隣のソケットから1線だけつないで(スパイ大作戦みたいな)応急措置。このミニDinというのはドイツのメーカ製で、コンピュータやゲーム関係で広く普及しているソケットなのですが、10pinは非常に珍しく、普通に買えません。調べたら、セガサターンが同じタイプらしいので、中古で探して発注しました。でも、ケースの中を開けて回路を見たら、10ピンのうち使っているのは4線(電源2線、信号線2線)だけでした。
 つないだところ、ソフトのバージョンが低いとメッセージが出ました。後ろにネット用のソケットがあったのでインターネットに接続したら、メルクリンのサーバにアクセスしてバージョンアップを自動的にしてくれました。
 こちらは、2線式用のDCCのコントローラ。これらも10年以上まえの製品です。同じく3台分のスロットルダイアルがあります。それらの右にあるのは、照明やポイントのためのトランス。一番右は、メルクリンの架線用のアナログコントローラ。というわけで、メルクリンはデジタルで3列車、アナログで1列車、DCCは3列車、の、合計7列車の同時運転が可能になりました。これを1人でやろうとすると、知らないうちにどこかで衝突事故になります。
 デジタルになると、メインラインについ何台も列車を置いてしまいます。走らせると、見えないところで止まったりするので、どうしたのか、と見にいくと、建物で見えないコーナに停車中の先行列車に追突していたりします。やはり、このくらいのエンドレスだと3列車が限界です。

コメント

_ わんこのやま ― 2021年11月20日 07:42

全てがスパイ大作戦の展開のようです。

_ moon289 ― 2021年11月20日 09:52

駅長は遊んでくれるのを待っているのでしょうか。
追突センサとなって吠えてくれるといいですね。

_ ネム ― 2021年11月20日 20:34

実車なら、大変なことになるところでね。
複雑すぎて、頭がついていけません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック