Cutting logs2021年09月19日 05:48

 数日、少しずつカットしています。2年まえに倒れた樹で、直径は25cmくらいと細いものですが、電動の高枝チェーンソーでは、ほぼ限界の太さ。ワンバッテリィでは3回か4回しか切れないので数日かかりました。この太さでも、もちろん樹は重くて動かせませんでした。
 輪切りにした丸太。薪ストーブに入る長さにします。このあと、これを薪割り機で裂きます(斧でもできます)。実際に燃やすのは、さらに2年さきになります(乾燥させるため)。このくらいの量は、薪ストーブだと4、5日分でしょうか。森家は、薪ストーブを滅多に使わないので、一冬分かも。ちなみに、既に床暖房がONになっていて、これは灯油が燃料。
 紫陽花は、まだ白いですが、仄かにピンク色になりつつあります。
 落葉の掃除をしていないエリアは3日くらいでこんな感じになります。

コメント

_ moon289 ― 2021年09月19日 13:08

薪割り機があるのですね。
薪裂き機、ということでしょうか。

_ ネム ― 2021年09月19日 21:17

秋になると、模様付きの絨毯に変わるのですね。
カサカサとした落ち葉を踏むのは、駅長さんも
楽しいのではないでしょうか。
薪ストーブって憧れますが、薪ができるまでに、
たくさんの時間と労力が必要ですよね。

_ ゼラニウム ― 2021年09月19日 22:03

我が家も、ほぼ山を背負っておりますので
ご苦労は少し理解できていると思います。

特にこの頃は雪などで雑木が倒れるなど
後始末が年々大変になっています。
怪我などされませんように…。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック