Roots of model railway2021年09月13日 05:57

 HOゲージを発明したメルクリンですが、メルクリン夫婦が経営する会社で、最初は(19世紀ですが)ままごとやドールハウスからスタートして鉄道模型を始めました。企画や営業をしていたのは、すべてメルクリン夫人だったそうです。ドイツの鉄道模型店へ行くと、お客さんに女性が多いことに驚きます。日本のように「男の子のおもちゃ」ではありません。
 さて、左が103の急行電機。右は流線型蒸機の03型です。どちらも、Gスケールを外で走らせているもの。アナログなので製品としては20〜30年ほどまえの中古品。でも、新しい方といえます。
 古い機関車のメンテナンスのために、消耗パーツを取り寄せました。左がモータのブラシ。奥は動輪のゴムタイヤ。ところで、この金属製の線路(Mトラック)は、既に新しいものは買えません。中古品の多くはレールが錆びています。それでも接触不良で停まるようなことはありません。実物の鉄道と同じく、走っているうちに錆も取れてきます。
 書斎のデスクでは、架線を立てて集電の試験をしています。架線集電は、ヨーロッパの鉄道模型では当たり前ですが、これもメルクリンの影響でしょう。日本のNゲージやHOゲージで架線集電をしている人がいるでしょうか? 日本といえば、どこへ行っても電信柱ばかりの「電信柱王国」なのに。
 中古のジャンク品で、メルクリンのデジタルセットを入手。といっても、コントローラは子供向けの簡素なもので、リモコンは赤外線です。欲しかったのは、新しい線路(Cトラック)の方でした。樹脂製の3線式を初めて手にしました。この線路は、左右のレールの通電をワンタッチで切れるので、配線を自分ですれば、2線式のHO車両も走らせられそうです(ポイントが問題になるでしょうけれど)。線路には18Vの一定電圧の交流を流します。機関車の中を開けたら、モータは小さな直流モータで、ウォームギアを使って減速していました。メルクリンらしくない感じ。