Like the bottom of the sea2021年07月08日 06:02

 AD67の列車が運行。駅長がまるで運転士のようです。この辺りは、木漏れ日も減りました。
 白く輝いているのは芝生です。建物の位置には樹がないためです。機関車はヘッドライトを点灯しています。
 1週間に2回は芝刈り。草刈りはほぼ毎日少しずつ。
 ドアに取っ手が付きました。3φの真鍮棒を曲げてからハンダづけ。穴は曲げてからあければぴったりです。

コメント

_ ネム ― 2021年07月08日 19:55

駅長さん、機関車に乗るために生まれてきた
みたいですね。
すごく嬉しそうなお顔ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック