The mock up2021年06月18日 06:03

 今朝も雨上がりでした。レールカーが運行。ログハウスの前に小さな黄色い花が群生して咲いていました。
 ガスメカニカルのボディのサイズ感を掴むため、ボール紙でモックアップを作製。横幅は30cm、長さは50cm、高さは45cmほど。
 こちらは、Oスケールのディーゼル機関車たち。ディテールの参考にしました。中央はカトー(コメントでご指摘がありましたが、勘違いで、正しくはサカイワークスでした)で、右がサカイですね。左は、バックマンの下回りにサードパーティのボディキットを被せたもの。ゲージはどれも16.5mm。前面の窓の形状が見所です。
 日本のOSはライブから撤退したようですが、これはフォルテ(12、3年まえに製作)のサスペンションの改良キットで、つい最近届きました。以前から走行中の揺動が激しいのでなんとかならないものか、と思案していたところですが、やはり問題だったのか、スプリングを固くするパーツ類です。取り付けるのが面倒そうですが、フォルテはボイラがワンタッチで外せる画期的な機構の機関車なので、その点では比較的簡単かも。

コメント

_ ネム ― 2021年06月18日 06:45

サイズや形って、その必要性から決まるのだと思う
のですが、細かいところに凝るのは楽しそうですね。
サカイは、とてもすっきりとしたデザインなのですね〜。

_ 王滝森林 ― 2021年06月22日 23:51

話の腰を折る様ですが、中央も酒井っぽいですね。
酒井の皮を被った加藤でしたらすみません(充分にあり得る)。
以上、ナローファン向けの話題でした。
追伸。ガスメカニカルの下回り、最高です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック