Trams in Lisbon2021年05月23日 05:43

 樹の葉がいよいよ出始め、これから広がります。あっという間に暗くなりますから、今が地上に届く最後の日差し。6月は5月よりも涼しい季節なのです。レールバスが運行しました。
 チューリップも大きく育ち、花も半分は開きました。1週間ほど鑑賞したら、切り花にされて室内へ移るので、庭園ですべてが出揃うわけではありません。
 これは、中国製のおもちゃ。レーザカットの木材を組み立てるパズルで、接着剤なしで、このような形になります。非常に精度が良く、削ったりする必要もありませんでした。大きさはOゲージ。しかも1500円くらいの中国製。どこにもリスボンのトラムとは書かれていませんでしたが、組立て説明書はしっかりとしていました。
 そういえば、と隣に置いてみたのは、雑貨店で購入したブリキの置物。これも2000円くらいだったような記憶。大きさはGスケール。中国製だと思います。リスボンのこの黄色のトラムは、既に各スケールで作ったり買ったり走らせたりしているものです。