Water tower2021年05月17日 05:57

 工作室の外で溶接をしました。青いヘルメットは、液晶フィルタのゴーグルで、光ると瞬時に不透明(サングラスみたい)になるもの。
 アングル材を組んで、櫓(やぐら)を製作。溶接は、ハンダづけより手軽で、あっという間に強度のある構造が完成します。
 ずっと屋外に放置されていたものですが、レーシングカー(ポルシェ)のブレーキディスク。サイズがぴったりだったので、これを上にのせてみました。
 さらにその上にポリタンクをのせます。これは、蒸気機関車に給水するための施設で、給水塔とか、給水タンクと呼ばれるものです。容量は20リットル。高さは約1m。

コメント

_ ネム ― 2021年05月17日 13:16

蒸気機関車には欠かせない、給水塔ですね。
廃物利用も素晴らしいですが、それにしても
なんて贅沢な『廃物』でしょう!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック