Rope ladder and gable board2020年11月25日 06:29

 2000円くらいの縄梯子(避難用)を買って、ついに屋根のトップのコースレッドを打ちました。縄梯子は、反対側の土台に先を固定しました。
 これから屋根の諸工事となるので、縄梯子を利用して行います。脚立もあと一段高い8段のものを注文してありますが、現在の7段でも、ほぼ間に合います。左隣にある鳥小屋は、かつて折れた樹の上に設置してあります。樹はとうに枯れていて、片手で押せば根本から折れるくらいの強度しかありません。そろそろ自然に倒れそう。
 近くにモミの樹があって、庭園内で一番の大木。針葉樹で常緑ですが、秋と春に大量の葉を落とします(でも新葉が出て葉は減らない)。屋根ができたので、室内に枯葉が入ることはなくなりました。
 続いて破風板を取り付けます。これは「はふいた」と読みます。屋根の端のすぐ下に張ってある板です。屋根が分厚く見えるのはこれのせい。風で雨が渦となって軒下から侵入するのを防ぎます。
 次は軒の水切板、その次は防水シート(ルーフィング)、そしてシングル(薄い瓦みたいな材料)の順で貼っていきます。順調なら、これらに1、2週間かかるでしょう。