青空の庭園鉄道2019年12月10日 06:45

 朝の凍っている状態の苔の地面。当地では霜柱の被害はゼロ(水分がなさすぎるから?)。
 日射しがありますが、風が冷たいので1周だけ運行。レールカーです。
 機関車として使用すると、とても安定感があって、運転しやすい特徴があります。
 モータが前部に2機あるので、少し遠いのと、音が籠もるのが良いのかもしれません。
 芝生も、まだ凍っています。でも、どこにも水がないので、氷を見たことがありません。
 2日まえのゲストが乗っている写真が、実は一番暖かい状況なのです。今日は寒いので撤収。
 大きいけれど赤ちゃんは元気いっぱいで森を散歩。

自然の半分は空2019年12月09日 06:46

 空が映っているショットを撮ってみました。
 夏の写真では滅多に空が映りません。少し雲があった方が空らしい。
 写真で明るくて暖かそうなほど、気温は低いものです。寒さは写真とは逆です。
 苔が凍っている場合は、少し白っぽくなります。凍っていても、暖かい日はあります。
 ドライフラワが沢山あります。小鳥が多く、実際には風景に動きがあります。
 AD67が一番新しく、次がピンクの無蓋車(乗用)、その次が後尾のカブース。客車も乗用ですが、もう15年ほどになるでしょうか。
 これから3カ月ほど、静かな冬となります。

ゲスト運行&ケーキ2019年12月08日 06:55

 曇っていましたが、風がなく、暖かい日でした(飛行機も飛ばせました)。
 まだ日中が氷点下という日はありません。
 ゲストが4人いらっしゃったので、AD67とテキ6の列車が同時運行しました。
 朝の霜柱で石が浮き上がっている障害がありましたが、軽微でした。
 ゆっくりでも、走ると風が当たって、けっこう冷えるのです。
 そのあと、暖かい部屋でケーキを食べました。

暖かい冬になりそう2019年12月06日 06:59

 朝は霜で真っ白でしたが、だんだん緑が戻ってきます。
 日陰には、白いボールが落ちています。雪が舞ったようです。日向にはありません。
 他所から飛んできた落葉がちらほらとあり、まだときどき掃除が必要。
 今日は、風もあまりなく、航空部にうってつけの日です。
 運行はAD67でした。
 工作室のヘリ。これはテールのギアボックスです。

落葉掃除はほぼ終了2019年12月04日 06:42

 まだ隣の森から飛んできますから、たまに掃除をしないといけませんが、いちおう終了宣言。
 残りは、敷地外の掃除をボランティアで行うことくらい(それも数日で終了予定)。
 あとは、クリスマスに備えて、日々買いものをしましょうか(ネット模型店巡り)。
 来年は、庭園内にヘリポートを作ることを考えています。飛行機も、VTOLのものが出てくることでしょう。
 今製作中のヘリコプタ。大きいです。
 20年ほど使用しているリュータ。
 こちらはホビィルーム。密集してきました。

秋も終わり2019年11月24日 06:55

 落葉率は85%、償却率は75%。澄み切った風景。
 夜は雨が降りましたが、たちまち乾燥します。気温が高いからでしょう。
 高いといっても、最高気温5℃くらい。もう冬景色です。
 レールカーが運行しました。最近、また活躍しています。
 大きいので、写真を撮ると、風景に馴染みます。
 まだ葉が残っている樹もありますが、もう数日で散りそうです。

Agusta A-1092019年11月22日 06:54

 初フライトに向けて調整中のアグスタ。同機は3機めです。塗装が艶消しで、ロータは4枚。左下にあるのは、お使いブル公の箱です(ビンテージ)。
 芝生で無事にホバリングを終えました。引込み脚もOK、ライトも点灯。
 ロータが増えると、音が静かになります。19号機のBO-105とこのアグスタの2機のみが4枚ロータ。3枚ロータは2機あるシュワイザ300。あとはすべて2枚。
 マンションと灯台。
 消防署。日が当たっていますが、寒そうですね。
 落葉を燃やしています。投入して10秒間くらいは煙が出ます。
 すぐに炎が上がって、煙はなくなります。あと10秒すると炎もなくなります(燃えきるから)。

晩秋の風景と書斎2019年11月21日 06:52

 もう冬かもしれませんが。葉が20%ほど散っていませんので、晩秋。
 落ちた葉は、集めて、毎日燃やしています。
 駅舎も程良く朽ちてきました。
 落葉を取り除くことで、地面に苔が広がるのです。
 ヤード付近も、今では苔の地面です。
 書斎では、大きいベル206の窓ガラスの接着作業(両面テープでしていたものを、接着剤に変更)。右はアグスタの450クラス。
 これまで、ロータは2本でしたが、4本のヘッドになりました。
 これが4本ロータのヘッド。こんな凄いパーツが僅か5000円で買えてしまうのは、世界中でラジコン人口が多いからでしょうか。

Bell 222いちおう完成とします2019年11月19日 06:52

 18号機のベル222は手がかかりましたが、いちおう完成となりました。
 これは600サイズ(ロータの長さが60cmの意味)。重量は7kgくらい。
 古いメカニズムを使いました。スタビライザ・バーがあります。
 このタイプでは、ジャイロはヨー軸(ラダー)しか制御しません。
 機体の塗装は、日本の警察のものですね。オレンジが前と後ろにワンポイント。
 昨日の動画のとおり、引込み脚は3つとも前方へ作動。赤いランプが下にもあります。
 ブロアをかけたところ。2日分くらいの量です。
 もう緑の葉はなく、数日で全部散ると思います。

落葉&色づき状況2019年11月18日 06:51

 だいたい黄色になりました。残っている30%の葉です。
 これでも、夏に比べれば、すかすかです。
 木造橋付近は針葉樹が多いので緑です。
 広葉樹は逆に、ほとんど散りました。すかすかです。
 夏は見ることができないモミが、上まで見えるようになりました。
 ピンクだったアナベルは、既にドライフラワとなっています。