エンジン分解2017年01月13日 14:00

 平常運行しました。穏やかな晴天で気温も高めです。
 機関車は、この中から出てきます。左の庇につらら(風に流され斜めになっています)がありますが、つららができるのは暖かい証拠。
 一昨日紹介したDLのエンジンを分解しました(後回しと言いながら……)。日本製のOS10です(気筒容積1.7cc)。完全に固着していましたが、なんとか復帰できそうです。ちなみに、右にあるのは、スロットルとニードル、その下の歯車みたいなのは、カップリング。その左はプラグ。左端で切れているのはマフラ。
 これがモータ(発電機)。エンジンでこれを回します。中央上は燃料タンク。その左に見えているのが、ラジコンの受信機で、これも日本製(フタバ)でした。
 ジャイロモノレール12号機ですが、ジンバルとサーボを結ぶロッドの剛性を増すために、アングル材を取り付けたところです。この改造に半日かかりました。

赤い電車と赤い機関車2017年01月06日 15:48

 赤い電車を走らせました。まだ、屋根を塗っていませんし、前後の入口(デッキ)部の床がまだありません。ライトもつける予定です。走行は、6Vではややゆっくりだったので、9Vにするかもしれません。
 こちらの赤い重連も走りました。ほとんど同じ色(赤とピンクの中間)です。
 ジャイロモノレール12号機のプログラム変更を行っているところです。

ジャイロ宇宙船2016年12月25日 14:56

 レトロなおもちゃです。モータで内部が回転し、床に置くと、全体が回ります。直径は18cmくらい。単2電池3本も一緒に回転。床に置くとスイッチが切れる仕組みなので、惰性以上には回りません。
 レールバスが運行。午後2時ですが、日が低いのです。
 クルーが1人交替しました。

室外&室内活動2016年11月24日 12:08

 毎日落葉を吹き飛ばしてから運行しています。寒くなってきましたね。
 ゲストがあるので、ジャイロモノレールがここに来ています。

ジャイロの測定2016年11月15日 13:37

 今日も、落葉掃除をしつつの運行です。
 ホィットコムは快調。葉を踏み、線路上の小枝を切断しながら走ります。
 工作室では、ジャイロのロータバランスを測定中。
 赤いところに、照度センサがあり、ロータ上の黒いテープを感知します。左の角材の上に写っているのが加速度計。回転させると、ロータのどの位置で加速度がどちらへ大きくなるかがわかります。それで、黄色いテープのように、軽いと思われる位置に、ナットかなにかを貼り付けてまた試してみるのです。

ジャイロモノレール資料館2016年10月25日 08:11

 <ジャイロモノレール研究所>に新しいページを加えました。

 1号館では、写真を紹介しつつ歴史的な説明を簡単にしました

 2号館の文章は、かつてネットにあったものの訳文で、後半の数学的解析が(一部の人には)役に立つと思います(僕にはこれが一番の手掛かりでした)。


撮り直し2016年10月20日 14:15

 昨日の撮影では、右の引込み脚カバーが取れていました。そこで、今日も運行し、写真を撮り直しました。
 一眼レフではなく、安いデジカメです。どうしてかというと、庭園内を持ち歩くのが大変だからです。撮影するときは、停車させ、ラジコンの送信機を地面に置き、ポケットからデジカメを出して撮影します。面倒なことです。
 本日もトラブルなく、全線を巡ることができました。走行距離は520mで、15分ほどかかります。

Gyro monorail No.122016年10月19日 10:21

 ジャイロモノレール12号機を走らせました。木造橋を渡るのは初めてです。万が一ここで転倒したらアウトですから。
 乗っているフィギュアは、足と胴体がスプリングでつながっているため、ちょっとした振動でも小躍りします。非常に不適切なフィギュアですが、逆に試験には適しています。
 レールの断面が円ではない点が、ローリングがややぎくしゃくする理由かもしれません。
 5インチゲージのどの機関車よりも煩いのですが、ジェットの30号機よりは静かです。

トラムと佐藤氏のジャイロ2016年10月18日 14:56

 先日、佐藤氏のジャイロモノレールに反復元力のスプリングが装備された、という写真をご紹介しましたが、その効果があって、8の字走行が可能になったそうです。

 今日は、トラムを走らせました。45mmゲージです。電池で走るので、落葉があっても不都合はありません。
 薪小屋の要望があり、今日これを製作しました。

ジャイロ研究所に新ページ2016年10月17日 09:19

 ジャイロモノレール研究所に新しいページを追加しました。これまでの試作モデルの説明と動画集です。
 上の写真は、アメリカのジャイロスコープス&フライホイールズというおもちゃで、ジャイロはぎざぎざの付いたリップコードを引き抜いて回します。車輪は弾み車が付いていますが、ジャイロとは連動していません。いちおう立派なモノレールコースがあるのですが、すぐに脱線して上手く走れません。ドイツのおもちゃを真似して作ったみたいですが、だいぶレベルが落ちます。
 今日も朝から運行しています。落葉掃除の合間に走らせています。