Second engine warehouse2021年02月21日 06:40

 第2機関庫です。第1の半分くらいの広さですが、フライス盤、溶接機、コンプレッサなどの工作機機器があるため、修理や製作に用いることが多い場所です。
 小さいヘリコプタが幾つか見えます。棚にあるのは、小さいサイズの機関車。
 45mmか32mmゲージのものがほとんど。棚の上の大型蒸機はK-27。スチールのパイプ棚は、全部で10個ありますが、そのうちの2つが下の写真、また2つが上の写真。この部屋だけで6つあります。すべて車両がぎっしり。
 こちらは、隣の工作室。奥が旋盤。今日は、都電の車輪と軸を削り、室内の吹付け塗装を行いました。ここにも、小さいサイズの機関車を収納していて、手狭になっています。

コメント

_ ネム ― 2021年02月21日 18:20

このお写真見せていただきながら、大きな
地震が起きませんように〜、と思ってしまいました。

第3の機関庫や、第2の工作室がそのうち増設され
そうですね〜。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック