First fireing and running test2020年12月23日 06:37

 日陰になる箇所には、5日ほどまえの雪が残っていますが、運行には支障ありません。
 この近辺は針葉樹の森なので、やはり雪が残っています。ホィットコムが運行。
 さて、38号機候補の初釜(石炭で最初にボイラに火入れすること)でした。まだ、サイドタンクができていませんが、この機関車はボトムタンク(シャーシ内の水タンク)もあるので、この段階で走行試験に臨みました。
 サイドタンクの代わりに、ボイラ横にペットボトルの漏斗を取り付けました。この状態で火を入れ、20分ほどでスチームアップし、その後、初走行に成功。メインラインを3周(約1.5km)走りました。力強い走りを見せ大成功。