Hand bender2020年10月23日 07:38

 デキ3のカップラは、既製品を使います。今回は解放テコも作ります。
 帯板は、既製品もありますが、薄いものなら、キットのエッチングの残りが使えます。万力に挟んで、折り曲げ、プラスティックハンマで叩きます。これが一番簡単な方法。
 ところが、すぐ近くをもう一度曲げたい場合に困ります。下の写真のように、掴み直しても、これを左へ曲げていくと(既に曲げた箇所が)万力とぶつかってしまいます。こんなときは、万力に丈夫な板を挟み、その板の間に材料を挟み、全体を持ち上げた位置で曲げるのが一般的ですが、非常に面倒な作業になります。
 そこで活用されるのが、このハンドベンダです。この工具は薄い板か棒しか曲げられませんが、掴みしろが10mmほどしかなく、それ以上離れた場所の、コの字やZ字のの曲げが簡単にできます。
 直角まで曲げられるように、端面ができています。
 このようなパーツを作ることができます。もっとも、曲げ加工で難しいのは、曲げたあとの寸法が思ったとおりになるかどうか。これは、何度も試すしかありません。

コメント

_ をかへま ― 2020年10月23日 08:59

こんなに分厚くて頑丈な調理器具だったのですか!@ハンドペンダ
『コはハンドペンだのコ』というSFが書けますね(僕が書くのでは有りません)。

_ moon289 ― 2020年10月23日 09:25

とても詳しく解説してくださり、ありがとうございます。
世の中には便利なものがあるなあと感心するばかりです。
出来上がった帯板はヘッドライトの下の手摺りになるのでしょうか。

_ ゼラニウム ― 2020年10月23日 12:04

万力からの解説でほぼ完全に理解できました。
ありがとうございます。道具が使いこなせる事で
作業の正確さ、効率化、etc…、工作の楽しさに
つながるのですね。好きな道具の作業がやりたくて
同じようなものをしばらく作る自分が想像できます。

_ ネム ― 2020年10月23日 20:11

色々と便利な工具があるのですね。
こんなふうに組み合わせて使うとは、思いません
でした。

_ 王滝森林 ― 2020年10月23日 21:53

解放テコ、良いですね。
ハンドベンダー、買おうと思います。

_ わんこのやま ― 2020年10月25日 09:53

なるほど!ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック