Cow catcher and repairs2020年08月02日 16:38

 トラムは、カウキャッチャと連結器が付きました。いずれも、既製のパーツです。
 信号機の修理をしました。電源から一番遠い信号で不具合があり、電圧降下が原因。どこかで漏電している可能性もあります。怪しいところは点検をし、いちおう復帰しました。
 一番頻繁に使う機関庫への分岐。分解して掃除をしました。どうしても砂が入り込み、動きが渋くなります。消耗しているのではなく、綺麗にすれば直ります。
 レールバスで1周だけ運行。涼しい日でした。

コメント

_ をかへま ― 2020年08月02日 17:06

「綺麗にすれば直る」のはマウスと一緒ですね。
下をコンクリ敷きにすれば砂の入り込みを
多少は遅らせることができるのでしょうか。
車輪が持ってくるから同じかなあとか考えているところです
(走行音とか乗り心地的にもコンクリ敷きではつまらないかも、
とも思っています<地下鉄みたいな乗り心地?)。

_ ネム ― 2020年08月02日 21:42

トラムがいつ、金色でなくなってしまうのかと、
ドキドキです。
一番遠いところにあると、それだけ不具合が起こり
やすくなるのですね。
(もぐらが齧ったとか?!)
無事に直ってよかったです。

_ ゼラニウム ― 2020年08月04日 09:39

トラムの大変身は本当に興味深いです。
金色もいい感じでしたので…。

_ sarko ― 2020年08月11日 15:11

JR西のどこかの線路で、分岐に亀がはさまって動作しないことがあった、というニュースを読み、こちらの記事を思い出しました。
挟まるものなんですね~

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック