青空の庭園鉄道2019年12月10日 06:45

 朝の凍っている状態の苔の地面。当地では霜柱の被害はゼロ(水分がなさすぎるから?)。
 日射しがありますが、風が冷たいので1周だけ運行。レールカーです。
 機関車として使用すると、とても安定感があって、運転しやすい特徴があります。
 モータが前部に2機あるので、少し遠いのと、音が籠もるのが良いのかもしれません。
 芝生も、まだ凍っています。でも、どこにも水がないので、氷を見たことがありません。
 2日まえのゲストが乗っている写真が、実は一番暖かい状況なのです。今日は寒いので撤収。
 大きいけれど赤ちゃんは元気いっぱいで森を散歩。

コメント

_ ゼラニウム ― 2019年12月10日 11:12

 初めまして、先月より拝見しております。
 苔の話題は感心ごとのひとつです。映像から芝生かな苔かな、
苔なら種類は?と思考しております。美しいgreenでレールカーが
際立ちます。

_ をかへま ― 2019年12月10日 18:40

土壌の水分は少なくても霧が出る日がある、というのは
空気中の湿度が低い訳ではないのですね、
お喉に優しそうな環境ですね(と打ちつつも、そもそも
人混みがないから、インフルエンザの予防もさほど、
加湿器だのとか氣になさることもないかしらと
思い直しているところです)。

_ ネム ― 2019年12月10日 19:21

風の冷たい日なら、乗り込んで運転していた時
の方が、多少暖かかったのでしょうね。
凍っている芝生でも雪道でも全然平気な
わんちゃんって、凄いなぁーと毎年思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック