自然の半分は空2019年12月09日 06:46

 空が映っているショットを撮ってみました。
 夏の写真では滅多に空が映りません。少し雲があった方が空らしい。
 写真で明るくて暖かそうなほど、気温は低いものです。寒さは写真とは逆です。
 苔が凍っている場合は、少し白っぽくなります。凍っていても、暖かい日はあります。
 ドライフラワが沢山あります。小鳥が多く、実際には風景に動きがあります。
 AD67が一番新しく、次がピンクの無蓋車(乗用)、その次が後尾のカブース。客車も乗用ですが、もう15年ほどになるでしょうか。
 これから3カ月ほど、静かな冬となります。

コメント

_ をかへま ― 2019年12月09日 08:14

雲ひとつない青空の方が珍しくて
寫眞に撮って人に見せたく
僕なんかはなりがちでいけません。
珍しいより(しかも想像の範囲内なのでそんな珍しくない)
らしい、ことが整った寫眞たり得るのですね。

_ わんこのやま ― 2019年12月09日 08:28

冬の静けさも素敵ですね。

_ ネム ― 2019年12月09日 17:07

雲がたくさん浮かんでいますね。
お写真では、温度も香りも伝わってこない
ので、想像力がたくましくなりそうです。

静かな庭園の中では、一番大きな音は、
わんちゃんの鳴き声になるのでしょうか。。

トラックバック