Regner Heisler2019年11月30日 06:50

 AD67が運行しました。枯葉掃除は終盤です。
 地面の苔が鮮やかに見えるのは、昨晩の雨のおかげです。
 ドイツのメーカ、Regnerの新製品。ハイスラです。首振りエンジンの2気筒、V型。45mmゲージ。ガス焚き。
 Regnerの中ではイージな部門でフリーランスの機関車になります。なかなか可愛いですね。アメリカの市場を想定している商品かと。
 ところが、クランクシャフトにひっかかりがあったので、この部分を分解し、調整をしなければなりませんでした。Regnerは、初代の社長が亡くなり、2代目になったところです。少し士気が落ちたかもしれません。どこかのメーカほどではありませんけれど。前後の動輪への伝動は、ベベルではなくクラウンギアで減速比を稼いでいます。
 キャブ内には、水面計、圧力計、給油機、レギュレータ、ガスレギュレータなどがあります。屋根はのっているだけ。部屋の梁にガスレギュレータが干渉していて、回りにくいので、修正が必要です。
 後部のテンダにガスタンク。逆転機(エンジンへの給気の切換え)もここに。連結器は、イギリス風のものに、アメリカ風のものを加えるアイデア。レーザカットの木材パーツが、幾つか使われています(写真の茶色の部分)。

コメント

_ をかへま ― 2019年11月30日 08:01

梁にガスレギュレータが干渉して回りにくいとか、
2代目の社長さんはこの機関車で遊ばないのでしょうか。
「大量生産」品だから不具合のある個体もある、くらいの
認識でしょうか。

_ ネム ― 2019年11月30日 20:03

木製のパーツがお洒落だなぁと思いました。
上品なアンティークという感じですね。

今年の葉っぱもみんな煙になって空に登って
しまったのですね。
なんだかしみじみしてしまいます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック