引込み脚と紅葉2019年10月31日 06:59

 現在のメインプロジェクトとなっているベル222です。今回は日本の機体のスケールモデル。
 3つのタイヤを取り付け、これを引き込む機構がほぼできたところ。
 これが、引込み機構の内部。右がサーボモータ。左が引込みのギア。胴体はグラスファイバ。
 1本のモミジが、黄色と赤の2色になっています。
 葉が30%くらいは既に散っていて、だいぶ空が見えます。
 アナベルの葉もほとんど落ちました。花はピンク色のまま。
 大きいけれど赤ちゃんの色も(大人になったので)茶色が少し黒っぽくなりました。

コメント

_ をかへま ― 2019年10月31日 08:09

大きいけれど赤ちゃんもついに茶髪を卒業して
黒髪になるのですね。
いちご白書ですね(正確にはもう一度の方)。

_ ネム ― 2019年10月31日 17:22

内部を見せていただき、タイヤが引き込まれる
仕組みが理解できました!(多分ですけど)。
モミジが最高に綺麗ですね。
このあと、赤い部分が、広がっていくので
しょうか。

ワンちゃんは、成長につれて色が変わるのですね。
黒く縁取られ、凛々しいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック