レールバス修理佳境2019年08月23日 07:22

 新しいモータコントローラは、最後部の部屋の前壁に取り付けました。放熱的にどうかは、今後確認します。デジタル表示の緑はバッテリィの電圧。基板上の赤は、モータへ供給される電量のパーセンテージです。
 これが、後ろから2番目の部屋。既存の2機のバッテリの後ろにシールドバッテリィを仮に入れてみました。4kgくらい重量アップ。ただ、これでは後ろが重くなるので、最善とはいえません(前のボギィが脱線しやすくなる)。写真の右下に、サウンドボードがあります。写真右上は、アナログの電流計。
 これがサウンドボード。イギリスのTrax Controlsというメーカの製品。蒸気機関車のサウンドボードも発売しています。ディーゼルエンジン音を、かなり忠実に再現しています。
 1つ前の部屋の床にスピーカがセットされています。床に穴があいていて、外部に音を出します。この部屋に新しいバッテリィを載せたいのですが、スピーカが邪魔です。載せるには、床を二重にする必要があります。ちなみに、1番前の部屋(写真左)には、運転士のフィギュアと、この車両の作者のおじいさんの写真がのっています。
 修理作業中、一時退避している人たち。
 これは、フロントにあとから取り付けたヘッドライト。ステンレスのスプーンで作ったものです。今回、穴をあけて、高輝度LEDを取り付けました。ラジコン飛行機に使うライトなので、非常に明るいタイプ。
 後部の壁にあったスイッチボードもアルミで作り直しました。左が旧、右が新。ヘッドライトのスイッチが増えます。
 最後部の部屋にも、車掌たちが戻りました。
 リモコンも作り直しました。このケーブルは8芯(中に8本のコードが通っている)です。3本がスピードコントロール(ボリューム)、2本がコントローラのスイッチ、3本がモータの逆転リレーを動かすためのもの。昨年と今年の記念切符も、ついでに。
 ヘッドライトを点灯させたところ。明日は、バッテリィを1つ前の部屋へ移す工作をします。