航空部と修理工場2019年08月20日 08:57

 少し大きいヘリコプタが増えてきました。手前はイギリスのメーカのヒューズ300。
 電動でいうと600クラス、エンジンだと30クラスでしょうか。
 ボディも次のものが待っています。左は、ヒューズ500、右はベル。ヒューズは600クラス、ベルは450クラス。これだけ大きさが違います。どちらも、中に入れるメカを現在ホバリング調整中。
 オープンディで、コントローラのケーブルが切れてしまったレールバス。修理を半日しましたが、まだ復旧の目処が立っていません。このまま引退の可能性もあります。
 ケーブルが切れたときの状況が(自分ではないので)わかりませんが、リモコンの線をつなぎ直しただけでは、動きませんでした。おそらく、車輪で踏んだときにショートして、基盤が焼けたのではないかと思います。トラブル時に、すぐに電源を切らなかったためです。
 この基盤は、15年まえののもので、既に絶版なので、新しいものに交換となります。そうすると、サウンドシステムも使えなくなり、走るようになっても音は出なくなります。先日、エンジン音を鳴らす動画を撮っておいて良かったですね。

コメント

_ をかへま ― 2019年08月20日 09:31

ああ、レールバスは、哀しいですね。
オープンディに参加なさったゲストの方々が
最後の勇姿をご覧になれたのですね。

_ ネム ― 2019年08月20日 18:06

ヘリコプタも、様々な形があるのですね。
「ベル」の、両サイドの水色の部分は、中に
なにか入っているのでしょうか?
魚のヒレのようで、可愛いですね。
レールバス。
どうか無事に治りますように。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック