2機が初フライト2019年07月02日 09:20

 大きい方と小さい方と、2機のAgstaを初フライトさせました。大きさの比較のために、黄色の10号機も。
 小さいAgstaは、9号機が中に入っています。ボディをつけての初フライトでしたが、重量が増した分だけロータの回転が上がり、むしろ静かになりました(共鳴しなかった)。
 大きいAgstaは、圧巻の飛行でした。非常に安定していました。
 ヘリコプタというのは、この後ろからのフォルムが良いと思います。これが11号機となったわけです。
 今日は午後からゲストがいらっしゃるので、全線の確認を行なっています。

コメント

_ をかへま ― 2019年07月02日 09:33

ボディをつけた、というのはつまり
マトリョーシカなのだろうなあ、と捉えています。
攻撃とかを受けて外皮になにか重大な被害があった時に
ぱかっと脱いで中から飛んで逃げる、とかまで想像しました。

_ kenzsantamaria ― 2019年07月02日 15:44

なんか……カラーリングが鯉っぽいですね(かわいい)。

_ ネム ― 2019年07月02日 18:31

9号機が中に入ってると、こちらが9号機に
なるのでしょうか?
ヘリは複雑ですね〜。
圧巻の飛行をぜひ拝見したいですー。
わたしも、写真を見た瞬間「あ、錦鯉!」と、
思ってしまいました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック