スイス国鉄レッドアロー2019年05月17日 09:29

 スイス国鉄SBBのレッドアローです。1番ゲージで自作されたもの。ジャンクとしてドイツで購入。だいぶショートにデフォルメされています。ボディは金属。屋根は木製。ボンネットは鉄板を叩き出して作ったようです。使われている部品から、作られて30年以上は経過していると思われます。この電車は大好きなので、HOでも数台所有しています。博物館で実物を見たこともあります。
 片方の台車がLGB製で健在だったので、そのまま使用。11.8Vのリポバッテリィを載せ、ネットで700円で買えるモータコントローラを積み込みました。ライトが20個もついていて、ヘッドライトが8個、室内灯が12個です。前後進で点灯させるライトを切り換えるためのスイッチが屋根の上にあります。
 室内はシートが作られ、自作と思われる人形が沢山乗っています。
 運転席の後方にバッテリィを入れました。4つのドアが手動で開けられるので、リポの充電は、コードを取り出して行うようにしました。
 コントローラは後部に収め、スピード調節のツマミは、やはりドアを開けて行うようにしました。メインスイッチは床下に取り付けました。
 パンタグラフが一部ハンダが取れていますので、のちほど修理します。走行は滑らか。非常に味のあるモデルだと思います。

Red Arrowの走行動画2019年05月17日 10:42

 いつもの運転場と、すぐ近くで地面に敷いた線路の両方で走らせました。