36号機の伝動機構2019年05月07日 09:40

 工作室で改造中の36号機です。椅子の上にのっています。
 3段減速の機構が完成しました。左のモータ近くで、ギア減速。次がチェーン。そして最後がベルトです。左のシャフトは、両端にベアリングがあります。
 試運転をしました。
 以前よりだいぶ力強くなりましたが、負荷が大きくなると、ベルトが滑ることがあるようです。もっと張力を増さないと駄目のようにです。

コメント

_ をかへま ― 2019年05月07日 09:58

三段速い赤い奴ですね<三って言いたいだけ。
この夏にはゲストを乗せて大活躍できるといいですね
(動画が観られるであろう僕にとって「いい」ですが)。

_ ネム ― 2019年05月07日 17:48

負荷が大きいというのは、坂道などでしょうか。
なかなか、百点満点にはたどり着かない感じなの
ですね。
手のかかる子の方が可愛いと言いますが、そんな
一台になりそうですね。

_ そよ風 ― 2019年05月07日 20:22

5/5の伝動機構の画像と、ギアの位置関係が合わないな、と思ってよく見たら、上下反転した訳ですね。シートの台車に収まっているのが交換したモータコントローラでしょうか?新たな運転士が誰なのか、楽しみです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック