トラムとサイドタンク2019年04月02日 12:52

 2台の小さい機関車(ライブスチーム)を走らせました。1つめは、アルコール焚きのスチームトラム。これは1気筒オシレーチングエンジン、32mmゲージ、16mmスケールです。
 よく走りましたが、非常に低速。ギアで減速しているためです。
 サイドタンクは、有名なピータ・ジョーンズ氏の設計。
 こちらはガス焚きですが、ポットボイラで、風に弱く、なかなかスチームアップできませんでした。スチームアップ中は、機関士が降りています。
 ようやく走りました。でも、結局この貨車は重くて引けず、途中から単機で走らせました。