ライブスチーム2台2018年12月12日 12:14

 アメリカのオークションで落札したライブスチーム2台をご紹介します。1つは、サドルタンクで、Creeksideという名のようです。45mmゲージ、アルコール焚き、ポットボイラ、オシレーチングエンジン。マモッドのパーツを多用した製品です。
 下回りはほとんどマモッドですが、バーナはオリジナルです。ボイラも大きくなっています。ピストンは複動で、動輪クランクも90°の位相。逆転機はフロントにレバーがあります。
 バックプレートはマモッドと同じ。アルコールを入れる口がキャブ中央にあります。
 機関車は新品でしたが、1980年代の製品です。取説も付属。どうやら、Hyde-out Mountain社が扱ったようです。変な機関車を沢山売っていた模型店です。いずれにしても、かなりレアだと思われます。
 こちらは、正体不明の4−4−0です。相当昔のメルクリンかビングのおもちゃを改造したもののように見えます。45mmゲージ、アルコール焚き、ポットボイラ。Gスケールと同じくらいのボリュームです。
 ピストンが傾いていますが、オシレーチングではなく、ピストンバルブの本格派。
 スリップエキセンが動輪の外側にあります。バーナも健在。シャーシなどは、それほど古くないと思います。
 付属していたカブース。これも、おもちゃを使って自作した感じです。
 アンビルがデッキにあって、室内には作業台もあります。バッファは機関車と同じもの。
 車輪はとても大きい。メーカーズプレートらしきものもありますが、知らない名前ですし、下回りと上回りで違うプレートでした。