保線工事&レールバス修理2018年07月18日 09:32

 ターンテーブル付近の本線。ここの勾配が急なので、低い位置を持ち上げる工事を行いました。作って半年ほどの路盤のため、土が締め固まって下がったものと思われます。
 こちらはヤードの線路の傾きを直しているところ。直線が傾く場合、主に雨の影響が考えられます。
 カーブの外側は、遠心力で力がかかり、線路が下がりやすい。それを直しているところ。
 こちらも同じく。土を少し足して、線路の下に入れます。最後は木槌で叩いて締め固めます。
 オークションで買ったレールバスの修理をしています。前部ボギィのボルスタが取れていたので、接着したくらい。
 ラジコンのアンプと受信機が床下に内蔵されていました。バッテリィのスペースもあります。この車両はキットではなく、自作品です。
 こちらは、AD67に取り付ける準備をしているエアホース。