ラジコン化流行2018年07月10日 09:39

 朝は濃霧、昨夜は雨でしたが、また晴れてきました。
 今日はゲストがあるので、午後は多列車が運行予定。
 まずは34号機で1周して、線路の状況を確認します。普段とは逆の方向に走っています。
 ホーンのパーツがそろそろ届く頃なので、次はそれを付けましょう。
 工作室のこの無秩序な中で、毎晩作業をしています。
 凸電機の内部。サウンド装置が2つ付いていました。前後はまったく独立しています。スペースはほとんどないので、中央のキャブに7.2Vのバッテリィ、受信機、アンプ(いずれも800円)を搭載する予定。
 レールトラックは、荷台に、単3電池4本と受信機を載せました。送信機と受信機のセットで800円という、戦車用2チャンネルのものを使いました。もちろん、モータは1つなので、出力の片方だけを使用。前後進ができますが、スピード調節はできません(プロポではない)。
 シングルドライバのテンダ内。9.6Vのニッケル水素バッテリィと、受信機、アンプが収まりました。受信機は800円、アンプは1000円のもの。バッテリィが2000円で一番高い。送信機は、他車と共有。ラジコン機器が安くなったので、嬉しいかぎりです。
 この子熊は、以前AD67に乗っていた運転士で、現在はフリーです。

コメント

_ をかへま ― 2018年07月10日 10:43

元運転士の子熊さんは今は工場の監督官をしているようですね。
次に自分が乗る機関車はいつできるのか、待っているご様子です。

_ ネム ― 2018年07月10日 22:11

長い運転士生活で、お疲れのようにも見えますね。
これからは、ホームズさんのように、探偵のお仕事
でも活躍してもらいたいです!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック