ラジコン化流行2018年07月10日 09:39

 朝は濃霧、昨夜は雨でしたが、また晴れてきました。
 今日はゲストがあるので、午後は多列車が運行予定。
 まずは34号機で1周して、線路の状況を確認します。普段とは逆の方向に走っています。
 ホーンのパーツがそろそろ届く頃なので、次はそれを付けましょう。
 工作室のこの無秩序な中で、毎晩作業をしています。
 凸電機の内部。サウンド装置が2つ付いていました。前後はまったく独立しています。スペースはほとんどないので、中央のキャブに7.2Vのバッテリィ、受信機、アンプ(いずれも800円)を搭載する予定。
 レールトラックは、荷台に、単3電池4本と受信機を載せました。送信機と受信機のセットで800円という、戦車用2チャンネルのものを使いました。もちろん、モータは1つなので、出力の片方だけを使用。前後進ができますが、スピード調節はできません(プロポではない)。
 シングルドライバのテンダ内。9.6Vのニッケル水素バッテリィと、受信機、アンプが収まりました。受信機は800円、アンプは1000円のもの。バッテリィが2000円で一番高い。送信機は、他車と共有。ラジコン機器が安くなったので、嬉しいかぎりです。
 この子熊は、以前AD67に乗っていた運転士で、現在はフリーです。