蒸気動車2017年02月10日 11:38

 少し粉雪が舞ったので、かまくらになりかけています。さらさらの雪だから、急な傾斜に付着できないようです。
 スチームトラムの配管は終わりました。給油機も付け、排気は中央付近へ導きました。逆転機がないので、逆方向へ走らせたいときは、クランクの位置を変更するしかありません。
 ボディも少しずつ進んでいます。煙突を付けました。
 シャーシを塗らないと駄目ですね。
 ところで、スチームトラムと書いてきましたが、先日2機走らせたもののように、一般的には、蒸気機関車を路面軌道で使うとき、周りにボディを被せて安全性を高めている機関車の意味で使います。
 今回のこれは、窓が開いていて、乗客を乗せるタイプなので、スチームカー(蒸気動車)が正しい呼び方だと思います。動力車が客車も兼ねている場合、名称が変わるのです、電気機関車→電車、ディーゼル機関車→ディーゼルカー、蒸気機関車→蒸気動車(スチームカー)みたいに。

エンジンの調整2017年02月10日 15:34

 蒸気動車のエンジンを分解して再調整しました。ピストンバルブだと思っていたら、シリンダ状のスライドバルブでした。バルブ室内でカップが下を向くようにしなければならないわけです。中が見れないので、タイミングは勘で合わせるしかありません。
 ボディは、もうそろそろ妥協します。
 蒸気動車のエアテストをしたので、ついでに、クライマクスのスライドバルブも確かめました。ちょっとしたことで、カップが傾き、蒸気が排気側へ漏れていたようです。エアで動くようになりました。
 駆動部はメカニカルで見応えがあります。