クライマクスとシェイ2017年02月07日 11:53

 2年まえの引越の前後で入手した機関車は、写真だけ撮って走らせていないものが多く、つぎからつぎへと箱から出てきます。「これ、走らせないと」というものばかり。
 このクライマクスは、雑誌記事を元に製作されたもの。16mmスケール、45mmゲージ、ガス焚き。最初は、ギアが不調で一度分解して調整しました。今は、燃焼に問題があり、バーナの交換が必要かもしれません。
 スリップエキセン方式で、工作は確かです。案外、ガスジェットの交換だけで改善されるかも。
 今日も走らせてみましたが、1周半ほどしかできませんでした。寒いからしかたがないのか。
 このシェイもジャンクで入手したものです。たぶん、走らないだろう、というくたびれた印象。
 完全な自作なのかどうかはわかりません。首振りエンジン2気筒のユニットはキット。台車やギア周辺は自作。ボイラも自作のようです(かなり大きい)。後ろの水タンクは完全に空っぽです。
 走らせてみました。単機であれば、5周ほど走りますが、力が弱く、貨車は引けません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック