アシカとレールカー2017年02月01日 09:20

 先日動画をアップしたSea Lionです。マン島にある模型店が企画したモデルで、もう1機White Bearも今年出そうとしています(ほぼ塗装違い)。この機関車は非常に小さいので、地面に普通に立っても、人が屋根の高さほどになります。写真の機関士のフィギュアは、スケール違いなので、小学生が乗っている感じだと想像して下さい。
 動輪がとても小さく、腰が低いナローのプロポーションで、実機のメーカはバグナルです。
 この機関車は、16mmスケールで作るのは無理かもしれません。Gスケールにすると、Oゲージの機関車くらい小さくなってしまいます。
 次は、Locomotion社のレールカーです。オークションで購入したのは1年以上まえのこと。この変なデザインで幾つかバリエーションを出していました。
 小さな垂直ボイラが載っています。すぐ後ろにあるのはガスタンク。ガスタンクはボイラの近くに置いて、温めるのが基本。ラジコンのサーボが3つ載っていて、レギュレータ、逆転機、汽笛を操作できます。
 しかし、どうも燃焼が悪く、パワーが出ませんでした。分解して、調べたところ、バーナのガスジェットに問題がありました。穴が詰まっているのかと思い、圧縮空気で取り除こうとしましたが上手くいかず、結局、アキュクラフト製の予備パーツと交換しました。
 これがガスジェットを交換後、バーナの燃焼試験をしているところです。
 煙突に蒸気管を通し、スーパヒータとしているためか、たちまちスチームアップし、快調に走りました(昨日アップの動画参照)。

ハイスラの走行動画2017年02月01日 16:10

 Accucraftが昨年発売したハイスラの走行動画。このハイスラは、本当に待望の製品だったと思います。
 ガス焚き、45mmゲージ、後部水タンク内にガスタンクおよび給水ハンドポンプを装備。16mmスケールのフィギュアが乗っていますが、機関車のスケールは、アメリカンナローに多い15mmスケール(20.3分の1、3フィートゲージを45mmにする縮尺)ですから、やや機関士が大きめになります。

運行と工作室状況2017年02月02日 11:19

 最高気温は氷点下5℃くらい。毎日天気は最高に良く、雪はすべて半月まえに降ったものです。
 その雪もだいぶ下がってきて、締め固まってきました。
 夜に風が吹くと、枯枝が落ちて、線路の上だと障害となります。枝の直径が5mmくらいまでならば、機関車や人が乗っているトレーラが排除するか切断しますが、それ以上の太さは、停車して取り除く必要があります。
 エアードームに異常はありません。萎むことなく、風で飛ばされることもないようです。
 工作室では、ジャイロモノレールがそろそろ場所を明け渡します。
 昨年の続きで、Jackの仕上げ工作をしようと思います。このモデルは、7/8インチスケールです。実機は、18インチゲージ、つまり、1.5フィートです。これを32mmゲージに縮尺しているので、32÷1.5=21.3、つまり、21.3mm≒7/8インチということです。
 工作の残りは、ディテールパーツの取付けと塗装です。
 ディテールパーツのロスト製品を(強度の関係から)銀ロウづけで組みたいので、とても高価な液体ロウを購入しました。初めて使います。それから、ラインを引くために烏口も購入。こちらも初めてなので、現在練習中。

粉雪舞う2017年02月03日 13:44

 朝方、3時間ほど粉雪が舞いました。森が白くなります。
 乾燥した雪なので、滑らかになります。
 積雪はほとんどなく、たぶん5cmくらいで、除雪の必要もありません。
 一様に真っ白で、地面が見えなくなりました。
 工作台では、沢山の小さな機関車をいじっています。走らせたいものが何台も順番待ちの状態です。

平常運行2017年02月04日 14:11

 今日は、除雪車が一仕事したあと、レールバスが運行しました。
 雪の上に細かい凸凹がありますが、これは除雪車が飛ばした雪の欠片です。
 風車も異常ありません。風で回っています。
 スリップすることもなく、快調に走ることができました。

謎のスチームトラム2機2017年02月04日 20:05

 謎のスチームトラム2機を調査中。いずれもジャンクで購入したもので、製作途中のモデルです。まず、大きい方は、3インチ(76mm)ゲージのスチームトラムで、動輪が2軸、従輪が1軸です。流線型で格好が良く、ボディはすべてブラス製。重量もかなりあります。
 ボディの工作は的確で、高い技術が感じられます。片方の側面だけ緑に塗装されています。
 屋根もほぼ完成しています。何のための穴かわからないものが幾つか。四角いのは煙突です。
 反対側は未塗装。作り直しているところだったかもしれません。後部はデッキがあります。ちなみに、このトラムが引くための客車もついてきました(そちらも未完成)。
 エンジンはスライドバルブの本格的なもの。メインロッドはありますが、それを受けるクランクシャフトは見当たりませんでした。エアを送って、バルブのロッドを動かすと、ピストンのシャフトが滑らかに動きます。動輪の2軸には、スプロケットがついていて、ピストンで直接駆動するのではなく、別にジャック軸があって、そこからチェーンで駆動しようとしていたのではないかと。メインロッドの長さから、位置的にそうなります。
 ボイラは、エンジンの上だと思います。煙突の位置から推定するしかありません(固定されていませんでした。内管式ボイラで、サイトーのような、アルコールバーナか、あるいは、ガスバーナを使うつもりだったのでしょう。
 この機関車の問題点は、3軸が固定だという点。このままではカーブを曲がれません。非動力の1軸を左右に振れるように改造するしかないでしょう。その場合、45mmゲージに改軌するのが良いかな、と考えています。駄目ならば、電動にしてしまう手がありますが、あまりにも惜しいところ。
 もう1機は、45mmゲージの小型車。ポットボイラでガス焚きですが、バーナやガスタンクはありません。エアテストをしたところ、動輪は回りました。しかし、このままでは逆転はできません。
 エンジンは本格的なもので、なにかのパーツを流用したのでしょうか。ほかに比べて、エンジンだけ立派です。ご覧のように、1軸駆動です。この機関車は、数日で走るようにできるかもしれません。

シェイ2機2017年02月05日 12:31

 アメリカのオークションで購入したジャンク品ですが、どちらもまったくの完成品。ともに自作品のシェイで、いずれもフレームやキャブや後部タンクなどは木製です。大きさがだいぶ違いますけれど、45mmゲージす。
 小さい方は、ミシカル#2っぽい感じ。ガス焚きで、ボイラはアキュクラフトのルビィのものでしょうか。台車はやギアは自作のようです。エンジンはオシレーチング2気筒(これはキットかな)。人形も木製でよくできています。
 横から見たフォルムもなかなかバランスが良いと思います。後部タンクの中にラジコン関係とガスタンクが収まっています。
 屋根をタンクの上を外したところ。人形が反対側にも立っています。
 もう1機はとても大きく、3.5インチゲージ並のサイズで、おそらく7/8インチスケールでしょう。こんな大きなシェイは初めてです。相対的にエンジンが小さく見えます。このエンジンはキットの既製品のようです。
 こんな小さなエンジンで大丈夫でしょうか。台車のベベルギアのギア比が高そうなので、ゆっくり走ると思います。いちおう、エンジンの逆転もサーボで行います。
 こちらが内部。ガスタンクはキャブの天井にあります。
 2機とも、10万円ほどのジャンク品価格でしたので、すぐに動けば儲けものといったところ。
 今日は、またハイスラを走らせて遊びました。エンジンが慣れてきたみたいです。

赤と緑の小さな機関車2017年02月06日 14:06

 16mmスケールの可愛らしいライブスチーム2機。いずれも、サドルタンク、32mmゲージ、アルコール焚きです。
 赤い方は、オシレーチング1気筒をギアダウンして走ります。ポットボイラで、完全な自作品。これは走らないだろう、と思ってジャンクを買いましたが、見事に快走しました。
 緑の方は、マモッドの改造品。すっぽり被さるボディシェルだけが自作、あるいはキット? 工作があまりにも綺麗だからです。これは後進もできます。もちろん、ポットボイラ。
 一昨日紹介したスチームトラムの小さい方。ボイラを外したところです。ポットボイラですが、下に水管がありました。けっこう凝っています。蒸気管やガス管をどうつなごうかと検討中。方針が決まれば1日の工作でしょう。
 このトラムには木製のボディがついてきましたが、かなり出来が悪く、とりあえずタミヤのパテをべたべたと塗り付け、木目を消そうとしています。ボール紙であっさり作り直した方が賢明かもしれません。

赤い機関車と緑の機関車2017年02月06日 15:06

 緑の方は、Mamodなので、音もなく滑らかに走ります。赤い方はギアの音がして、ゼンマイのおもちゃのようです。速度調節はできません。

クライマクスとシェイ2017年02月07日 11:53

 2年まえの引越の前後で入手した機関車は、写真だけ撮って走らせていないものが多く、つぎからつぎへと箱から出てきます。「これ、走らせないと」というものばかり。
 このクライマクスは、雑誌記事を元に製作されたもの。16mmスケール、45mmゲージ、ガス焚き。最初は、ギアが不調で一度分解して調整しました。今は、燃焼に問題があり、バーナの交換が必要かもしれません。
 スリップエキセン方式で、工作は確かです。案外、ガスジェットの交換だけで改善されるかも。
 今日も走らせてみましたが、1周半ほどしかできませんでした。寒いからしかたがないのか。
 このシェイもジャンクで入手したものです。たぶん、走らないだろう、というくたびれた印象。
 完全な自作なのかどうかはわかりません。首振りエンジン2気筒のユニットはキット。台車やギア周辺は自作。ボイラも自作のようです(かなり大きい)。後ろの水タンクは完全に空っぽです。
 走らせてみました。単機であれば、5周ほど走りますが、力が弱く、貨車は引けません。