古いジャイロモノレール2016年09月19日 11:43

 これは、ジャイロモノレール6号機です。最初にバランシングに成功したもので、それを行うサーボはマニュアル操作(リモコン)でした。
 ボール紙製のボディはだいぶ傷んでいます。テープが剥がれていたり。
 内部はツインジャイロで、ジンバルのコントロールをサーボで行っています。後方に赤いインジケータがあって、これを見てマニュアルでコントロールしました。自走用モータもあります。2009年に作ったものです。
 この赤いジャイロモノレールは、大阪の佐藤氏が製作したメカニズムに、ボール紙で自作したボディを被せたもので、JAMに2010年に出展しました。
 こちらのボディはしっかりしていて、劣化はありません。今でも電池を入れれば、正常に走ります。ロータの回転と逆方向へ曲がるエンドレスであれば、長時間走り続けます。
 佐藤氏のジャイロの1号機を購入しましたので、このあと佐藤氏はまったく同じ2号機を製作され、ボディもオリジナルデザインで作られました。それは、YouTubeで見ることができますし、ドイツのショーにも出展されました。
 このジャイロモノレールは、摩擦式で、バランシングサーボを持たないシンプルなメカニズムですが、高い工作精度が必要で、同じタイプの成功例はなく、今のところ世界唯一といえます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック